夏の高校野球・宮崎大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度B

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

夏の高校野球宮崎大会、ドラフト上位候補選手はいないものの、投手、捕手、内野手にプロのスカウトが注目する選手がおり、全体的にも注目選手は少なくない。ドラフト注目度はB。

スポンサーリンク

地区

昨秋は宮崎商が優勝しセンバツに出場した。準優勝は延岡学園。ベスト4に日南学園と宮崎日大が入った。春は日南学園が優勝、延岡学園が準優勝し、ベスト4に宮崎日大がと妻高校入った。

日南学園、延岡学園、宮崎日大にセンバツ出場の宮崎商が優勝候補。更に日章学園、妻、富島、聖心ウルスラ、宮崎学園、都城東なども争いの絡んできそうだ。

注目選手

宮崎日大の大山和泉選手は176cm75kgの捕手で、二塁まで1.82秒の強肩にプロのスカウトも注目している。特に捕手としてのフットワークが良く、中学時代に注目されてから、3年間で非常によく成長した。

宮崎商業の遊撃手・中村碧人選手は、長打も打てる遊撃手としてセンバツ注目選手となった。大会でアピール出来たとは言えないが、練習試合などでホームランを連発する爆発力があり、やはり注目したい。また、センバツでその打力が注目された西原太一選手は、181cm78kgと体もあり、投げても143キロを記録し、足もある身体能力の高さがある。将来性を評価されそうだ。

都城東の長尾一輝投手は、179cm80kgの右腕投で、最速は148キロを記録する。プロも注目する投手で、そのピッチングが注目される。また、聖心ウルスラの藤原光陽選手は175cm72kgの捕手で、ショートから転向して抜群のフットワークの良さと二塁まで1.9秒の強肩で、こちらもプロが注目する。

その他の選手

宮崎商は日高大空投手がセンバツで天理を相手に好投し、実力の高さを見せた。2年生で184cmから142キロを記録する長友稜太投手は、来年の注目投手だろう。建山翔選手など能力の高い選手も多い。

日南学園は、2年生の田中大希投手がキレの良い140キロの速球とスライダー、カットボールを投げ、同じく2年生の黄晢勛投手も184cmから140キロを記録する。黄選手は外野手としても強打者として期待が高い。他にも唐木澤湧也投手、有村衛人投手など厚い投手陣と、180cm82kgの門川拡意選手、180cm89kgの水戸龍之助選手の迫力ある打者が並ぶ中軸は注目。

宮崎日大も180cm75kgの成松鷹海投手が左から130キロ中盤の球を投げ、右の古谷瞳伍投手も140キロを記録する。大山捕手がこの二人をリードする。聖心ウルスラも130キロ後半を投げる右腕の中上大聖投手、速球とフォークボールを投げる来年注目の2年生右腕・小路詠作投手がおり、藤原捕手がリードする。

延岡学園も186cm左腕の須藤綺梨投手が130キロ中盤を記録、右の市原大輔投手が140キロを超す球を投げ、2年生の左腕・佐藤孝紀投手もこの春に7回ノーヒットピッチングを見せた。打撃の良い主軸の尼嵜莉玖斗選手なども注目したい。

宮崎南の年見亮汰投手は177cm72kgの右腕で144キロを記録、藤本遥己選手は長打力のある選手だが、投げても140キロを超してくる。技巧派左腕・小牧勇太投手との組み合わせが面白い。外野手の嶋龍介選手も能力が高い。

宮崎学園の西原優斗投手は180cmの本格派投手、2年生のリードオフマン・岡崎大空選手、高橋脩選手も巧みな打撃の評価が高い。延岡高の夏田峻作投手は中学時に全国的な活躍をした素質の高い投手。妻高の川崎康生投手は技巧派左腕で春ベスト4入りの立役者。

福島高の牧野海斗投手は最速142キロ、都城商業も宮山凌太朗投手と河野投手が140キロを記録する。

日章学園の深草泰音選手は、二塁手として動きがよく、163cmと小柄だが大きなスイングから長打を飛ばす。鵬翔高の山下統世選手は1番バッターとして打撃と足がある選手で、遠投110mの肩も強い。髙木海来選手はパンチ力があり、野々原佑斗投手、松浦遼投手も力のある球を投げるという。

他に下級生では、富島高の日高暖己投手が180cmの本格派右腕投手で注目される。小林西の上原口凌佑捕手が、180cm81kgの捕手で1年時から注目されており、来年は県を代表する捕手となりそうだ。

2021年度以降-高校生-宮崎県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント