夏の高校野球・熊本大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度C

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

夏の高校野球熊本大会、将来が楽しみな長身投手、プロも注目する捕手がいるがドラフト注目選手はおらず、また現時点で候補が少ないドラフト注目度はC。

スポンサーリンク

地区

昨秋は東海大熊本星翔が優勝し、開新が準優勝。ベスト4に熊本工業と八代が入った。春も東海大熊本星翔が優勝し、熊本工が準優勝。ベスト4に開新と城北が入った。

連覇をしている東海大熊本星翔が優勝候補筆頭で、開進と熊本工業が対抗となる。他に八代、城北、九州学院などが絡んできそうだ。

注目選手

城北高の永谷魁人投手は184cm77kgの右腕投手で、最速143キロを記録する。昨年夏に見た時に、かなり成長すると予測したが、まだ少し時間がかかっているようだ。フォームの良さ、体のバランスの良さがありそうだが、もう少しパワーが必要か。将来性が高いと見られる投手だけに、高校最後の夏がブレークのきっかけとなるか。

九州学院の山田俊介投手は左で184cm75kgの身長があり、最速は141キロを記録した。長い腕をしならせて投げるフォームにプロのスカウトも注目をしており、こちらも体が強くなってくればかなり楽しみ。

東海大熊本星翔の植田麗選手は176cm83kgの捕手で、昨年秋に2打席連続ホームラン、今年春も2本塁打を放つスラッガー。50m6.0秒の足もあり、攻撃力のある捕手として注目される。

その他の選手

九州学院は184cm82kgの主砲・高本雄大選手がその長打力に注目が集まる。また2年生でヤクルト・村上選手の弟・村上慶太選手も189cm90kgと素晴らしい体から長打を見せる。広角に長打を打つ松下翔選手など2年生の強打者が並ぶ。

東海大熊本星翔は、3年生の渡辺慎之介投手が緩急をつけて抑え、リリーフで2年生の合志光陽投手が140キロ近い速球で抑えきる。

城北高は、長澤海斗投手も181cm76kgの右腕でスリークォーターから130キロ後半の速球を投げる。1年生から主軸を打つ186cmのスラッガー・小高隆誠選手や、俊足強打の江田海人選手なども楽しみ。

有明高は右サイドハンドで動く球を駆使する江口晶大投手、ショート・サードで強肩を見せ、投手としても130キロ後半を記録する江田柊斗選手、173cm73kgだがパンチ力に優れ、1年時にはU18代表入りした浅田投手の球を受けていた北村辰輝捕手が注目。1年生の戸田愛翔選手も167cm68kgと体は大きくないが、すでに6本塁打を放つ長打力と強肩俊足で楽しみな選手。

八代の中西悠陽投手は182cm80kgの左腕投手で、130キロ中盤の速球を投げ、一塁手として出場しても一発の魅力がある。熊本国府の池田太地投手は180cm72kgの右腕で、きれいなフォームからの130キロ後半の速球に注目。翔陽高の中村晟琉投手も130キロ後半の速球を投げるパワーピッチャー。

熊本工の原田啓佑選手も、打撃では熊本屈指のパワーを見せ、投手としても140キロを記録する強肩も魅力。強打線の開新の4番・上野汰我選手は、左右に外野の頭を越す打球を飛ばし、投げてもエースとしてチームを支える。熊本西の江崎颯太捕手は長打力と強肩の捕手。

他の2年生では、球磨工業の嶋田尚一郎投手が184cmのサイドスローで、ツーシーム、シンカーなどの球で打ち取っていく。熊本第一の山道陵太郎選手は打撃がよく、和田侑士選手が安定した守備を見せる。

2021年度以降-高校生-熊本県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント