145キロ左腕、樟南・西田恒河投手が7回2安打9奪三振

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

高校野球鹿児島大会では、145キロ左腕の樟南・西田恒河選手が、鹿児島高専戦で先発した。

スポンサーリンク

9奪三振

試合は初回に樟南が3点を奪い、大差がつくかと思われたが、鹿児島高専がしっかりと守り、3-0のままの状態で6回まで続いた。しかし、この日は樟南のエース・西田恒河投手が先発をしており、相手に隙きを与えない。

この日は「球数少なく、テンポよく投げることを意識した」と、初回こそストレートを中心に投げたが、「直球を狙っていると感じた」と相手バッターが2巡目となる3回からは、スライダー、チェンジアップ、カーブを多投し翻弄して抑えた。

7回を投げて2安打9奪三振で抑えると、味方も7回の裏に4点を奪ってコールド勝利を決めた。

6月の練習試合で145キロを記録し、まだまだポテンシャルを秘めていると思う西田投手に注目したい。

2021年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・鹿児島大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度C
夏の高校野球鹿児島大会、将来的に期待したい選手はいるものの、今年のドラフト会議で指名される確率の高そうな選手は現時点ではおらず、ドラフト注目度はC。

「球数少なく、テンポよく投げることを意識した」と、省エネ投法をテーマに力投。直球主体の入りだったが「直球を狙っていると感じた」と、相手の2巡目となった3回から、スライダー、チェンジアップ、カーブなど多彩な変化球を交え翻弄(ほんろう)した。1年秋からエースの大黒柱だが、6月の練習試合で最速を145キロに更新。上り調子で夏を迎えていた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント