夏の高校野球・鳥取大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度C

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

夏の高校野球鳥取大会、将来を期待したい大型で素材型の投手などはいるが、現時点で今年のドラフト会議で指名される可能性の高い選手はおらず、全体的な人数も少ない。ドラフト注目度はC。

スポンサーリンク

地区

昨秋は米子東が優勝、鳥取城北が準優勝し、鳥取城北がセンバツに出場した。ベスト4に鳥取西と境が入った。

春は米子松蔭が優勝し、米子東が準優勝。ベスト4に鳥取城北と鳥取西が入った。

米子東、鳥取城北、鳥取西が安定して力を見せており、米子松蔭、境、八頭、鳥取商、米子工業などが優勝争いに絡むか。

注目選手

鳥取城北の畑中未来翔選手は180cm86kgのスラッガー。センバツでは右手の故障もあり思うようなアピールは出来なかった。下級生の頃から打線の中心に座り、その迫力を感じさせていた選手で、夏は集大成として強打を見せつけたい。

その他の選手

鳥取城北は135キロの速球を投げるエースの広田周佑投手も良いが、入学時から期待されていた183cm85kgの大型右腕・山内龍亜投手もやっぱり注目したい。一皮向けてほしい。リードする岸野桂大捕手は安定感があり、センバツで4番を打った太田英之介選手を一番にして、新たに4番に入った徳山太一選手が春に2打席連続ホームランを放った。県屈指の戦力を持つチーム。

米子松蔭は175cm75kgの西村虎之助投手が130キロ後半の速球を投げ、まだ登板機会は少ないものの小野陽一朗投手も130キロ後半の球を投げる。一発のある呉屋銀選手など打線が勢いに乗ると強い。

八頭も石井海音投手は177cm62kgで球速は130キロ後半だが、質の良い球でもっと速く感じられる。180cmの右腕投手で角度のある球が評価される川口真吾投手も期待したい。この二人をリードする谷口敦哉捕手は、168cm62kgで俊足が魅力の捕手。

米子東の船木佑投手は、169cm82kgのがっしりした体から130キロ中盤の速球を投げる。春は故障で出ていなかったが、俊足の中本翔琉選手が1番に入り、チームNO.1の強打者・岩崎照英選手が並ぶ打線も魅力、ショートの藪本鉄平選手は強肩で投手としても好投する。

境高の高塚大輔投手も175cmの左腕投手で、抜群のスライダーと強い速球で注目される。185cm75kgの林祐馬選手は打撃が強いが、広角に打ち分ける技術もある。

米子工の田中陸翔投手は180cm82kgの右腕投手で、素質に注目が集まっていたが、この春に球速がアップし130キロ後半するようになった。まだまだ成長しそうで将来が期待できる。鳥取育英の影井航世投手は177cmの左腕投手で、130キロ後半の速球は威力がある。

倉吉東の勝部陽高投手は回転の良いストレートに将来性を感じる。鳥取商の浦田連投手は主将で左腕のエース。変化球を使った投球が持ち味。米子高専の石田暖莉投手は186cmの大型右腕投手で、潜在能力に注目したい。鳥取東の浜岡利吉選手は187cm右腕投手、2年生の山本歩夢投手もエースとして経験積む。米子西の2年生・野口翠投手は、回転の良い球を投げる左腕投手で来年が楽しみ。

倉吉総合産業の小林聖矢選手は力強いスイングをする1番バッターで主将。鳥取西の横井圭汰選手は送球が正確な遊撃手で粘りの打撃をする。倉吉北の向畑真琴選手もショートの守備では県屈指。俊敏な動きと正確なスローイング。

2021年度以降-高校生-鳥取県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント