夏の高校野球・山口大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度C

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

夏の高校野球山口大会、プロ複数球団に注目されている遊撃手がいるものの、全体的な注目選手は現時点でまだ少なく、ドラフト注目度はC。

スポンサーリンク

地区

昨秋は桜ヶ丘が優勝し、下関国際が準優勝、下関国際がセンバツに出場している。ベスト4に宇部鴻城と萩商工が入った。

春は下関国際が優勝し高川学園が準優勝。西京と早鞆がベスト4に入った。

下関国際が優勝最有力で、高川学園、宇部鴻城が対抗となる。早鞆、桜ヶ丘、萩商工、岩国商、西京などが追いかける展開。

注目選手

宇部工の小森航大郎選手は、171cm84kgの遊撃手。ショートで下半身の強さを生かした捕球とスローイングは評価が高く、高校通算25本を超す長打力も光る。プロ5球団が視察に訪れるなど、全国的に見て評価の高い遊撃手。

宇部鴻城の山本隆章投手は、175cm82kgの右腕で、下級生の頃から腕の振りがよく、評価されていた。球速が140キロまで伸びてきており、この夏の投球が非常に楽しみだ。

その他の選手

下関国際は2年生が中心で、左腕の古賀康誠投手は180cm80kgの本格派。安定感は1年から実証済みで、138キロの速球はさらに伸びてくるだろう。ショートで強肩を見せ、右の看板投手としても注目される仲井慎投手は、球速を140キロに乗せた。打撃や足もある選手。打者でも2年生の賀谷勇斗選手が、打球の強さは足の速さなどでチームの中ん選手。そしてこれらをまとめるのが守優雅選手で、捕手としてもスムーズな動きから安定した二塁送球を見せる。

宇部鴻城の天野大空投手は182cmの右腕投手で、縦に沈むスライダーを武器にする。強肩の池田竜己捕手、主軸で広角に打球を飛ばす平田健真選手なども注目される。

高川学園は、河野颯投手が175cm76kgの左腕投手で、140キロの伸びのあるストレートは絶賛される。インステップから鋭い球を投げる松川雄登投手も注目される。不動の主軸・立石正広選手の打力も非常に高い。

早鞆は球質の素晴らしい左腕の林怜央投手を、安定感抜群の捕手・武次大翔選手がリードする。行武克選手は主軸として県屈指のスラッガー。岩国商業も130キロ中盤を記録する左腕の山城屋智也投手など投手の層が厚く、長川友咲捕手が強肩と好リードで投手陣を支える。

西京はサイドから130キロ後半の球を投げる守永一貴投手や、191cmの長距離砲・松並稜大選手など楽しみな選手が多い。華陵高校の柳原優太投手が体を鍛えて130キロ中盤を記録するようになった。180cm75kgの藤井基之選手も打力がある。

桜ヶ丘の戸高朝陽投手は、172cm74kgの右腕で、130キロ後半の速球に威力があり、打撃でも鋭いスイングで長打を放つ。山口高の武智泰暁投手は130キロ後半の速球を投げる本格派右腕。柳井学園の宮本侑茉投手もキレの良い速球左腕。萩商工の坂辻界斗投手も強い球を投げる右腕投手。長門高の鈴木龍伸投手は184cmの長身で制球が素晴らしい本格派。

光高の湯本涼太選手は171cm74kgの捕手で、二塁まで線を描いて伸びていく送球が注目される。周防大島の上岡奨選手も175cm85kgのスラッガー、

2021年度以降-高校生-山口県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント