夏の高校野球・大阪大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度A

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

夏の高校野球大阪大会、例年よりは少なく見えるものの、ドラフト上位候補の選手もおり、大阪桐蔭だけでなく他のチームでも注目選手がいる。ドラフト注目度はA。

スポンサーリンク

地区

昨秋は大阪桐蔭が優勝しセンバツに出場した。東海大仰星が準優勝、ベスト4に山田と履正社が入った。春も大阪桐蔭が優勝、近大付が準優勝。ベスト4に関大北陽と桜宮が入った。

大阪桐蔭は春はエースを登板させなくても優勝をするなど、選手層の厚さが際立った。対抗の一番手に挙がる履正社が、今年は思うような戦力になっていない。東海大仰星、近大付が対抗となるが、それでも履正社は強力な選手が1年生に加わる事も考えられ、優勝候補に絡みそうだ。

注目選手

大阪桐蔭の松浦慶斗投手は、186cm94kgの大型左腕投手。北海道で中学時代から140キロ中盤を記録し、高校でも150キロを記録しているが、アベレージ的には140キロ前半という所でもう少し成長を期待していた所もなくはない。春にベンチ入りせずにミニキャンプを行い、その成果がどのように出てくるか注目したい。

関戸康介投手も昨年に154キロを記録し、140キロ中盤から後半の球を連発する力がある。しかし、投球として結果を残すことがまだ出来ておらず、センバツでもアピールにはつながらなかった。中学時代から世代NO.1と注目されていただけに、どんなタイミングで結果とつながってくるのか。

他にも大阪桐蔭では、竹中勇登投手は他校ならば大注目のエースとなる投手。145キロの速球に投球の完成度も高い。池田陵真選手も強打の中堅手として、特に打撃は全国でもトップクラス。大学などで1年目から主力となれる力がある。宮下隼輔選手も3番サードとして強打と素晴らしい守備を見せ、こちらも大学では即レギュラーだろう。そしてもし即プロの可能性があるとすれば花田旭選手か。186cm82kgの体があり、長打力では歴代の大阪桐蔭のスラッガーに引けを取らない。

他の高校では、履正社の松林克真選手が注目される。185cm92kgという体があり、バックスクリーンなどセンター方向に長打を見せる長打力と柔軟さを持った打撃がある。将来が非常に楽しみな選手。

その他の選手

大阪桐蔭は、俊足1番の野間翔一郎選手が180cmの身長があるが50m5.8秒の足を見せる。3年生は他の選手も能力が高いが、2年生の松尾汐恩選手が捕手として光るものを見せ、他にも2年生の186cm左腕・川井泰志投手や188cm86kgから144キロの速球を投げ、春のエース角となった川原嗣貴投手、183cmから147キロの速球を投げる別所孝亮投手などが力を見せる。1年生にも有力選手が入っており、まだ時代は続きそうだ。

履正社は180cm84kgの左腕・渡辺純太投手が130キロ後半まで球速を伸ばしたが、入学時の期待にはまだ届いていない。2年生にも有力選手がいるが、誰が頭一つ抜けだしてレギュラーを取ってくるか。

東海大仰星は、高橋怜央投手が173cm80kgの右腕で146キロの速球を投げる。三振を奪える変化球もあり、大阪府屈指の投手の一人。4番の佐藤裕樹選手も昨秋に3本塁打を放ったスラッガーで注目、その前後を打つ入谷颯選手と谷口創選手、中村暖道選手なども打撃と守備がともに良い。

興国高は181cm78kgの左腕・大江遼也投手が注目されている。大型左腕でフォームもよく、リリースが打者に近いため、130キロ中盤でも押し込める。140キロ左腕で安定した投球の田坂祐士投手もおり、二塁まで1.8秒台の山下健信捕手、180cm85kgの左のスラッガーで広角に長打を打つ宮内佑一郎選手、俊足の小園修矢選手なども注目したい。

関大北陽は、190cm93kgの左腕・田中仁投手のポテンシャルが注目される。しっかりと長打を打てる山田悠平選手、二塁手で強打者の勝田成選手などが注目される。大阪偕星学園は、187cm80kgの大型捕手・池田愛斗捕手が強肩捕手として注目。昨年、ドミニカから留学して注目されたダビットバチスタ・モレノ選手やワーネル マニュエル・リンコーン選手はどうしているのか気になる。

近大付は山田一聖投手が185cm68kgの長身右腕投手で138キロの球を投げる。他にも2年生の西平晴人投手、前田尚哉投手が130キロ後半を記録する。東大阪大柏原は、184cm90kgの野村和輝投手が、最速145キロの速球を投げ、打撃も屈指の強打者。2年生左腕の加藤卓也投手も力のある球を投げ、打者としても評価される。

大塚高の森田聡投手は170cm69kgと小柄だが、最速146キロを記録する強い球が魅力。大阪高校の長友一夢投手は179cm68kgとまだ線が細いが144キロの速球を投げる。大商大高の大槻翼投手も178cm73kgの右腕で143キロを記録、八尾高の長尾彦秀投手もバランスの良い右腕で、さらに成長が期待できる。

関西創価は長身左腕の福田一斗投手、キレのある球を投げる長田琉威毅投手、ポテンシャルの高い瀬戸東大投手がおり、守備の良い2年生の高義博選手が打撃も良くなった。金光大阪も伊藤大貴投手、平野信太朗投手が1年時から登板をし経験豊富。関西大倉高の由上慶選手は185cm83kgの大型右腕投手で140キロを記録する。

大阪学院大高の小山健選手は、高校通算12本を超す長打力と、50m5.9秒の足を併せ持つ。港高の田北未龍選手はスイッチヒッターとして両方向に強い打球を打つ。

2021年度以降-高校生-大阪府のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント