夏の高校野球・島根大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度C

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

夏の高校野球島根大会、将来が楽しみと思える選手はいるが、今年のドラフト会議を意識できるような選手は少なく、現時点で全体の候補者も少ない印象。ドラフト注目度はC。

スポンサーリンク

地区

昨秋は石見智翠館が優勝、準優勝は浜田。ベスト4に立正大淞南と矢上。春は立正大淞南が優勝し、浜田が準優勝。ベスト4に矢上と浜田が入った。

立正大淞南、矢上、石見智翠館、浜田が優勝候補争いをしそうで、実力のある開星、益田東などがからんで来るか。

注目選手

石見智翠館の山崎琢磨投手は185cm90kgの大型右腕投手で、現在の最速は143キロ。春は肩を痛めて野手として出場しており、夏の復活が期待される。どんな球を投げるのかが注目される。

その他の選手

浜田の橋本裕介投手も注目される。178cm75kgの右腕投手で、コーナーにしっかりと強いストレートを投げられる投手。球速が140キロに到達し、更に注目されそうだ。藤田蒼馬投手も130キロを超す球を投げる。

立正大淞南は左腕の持田翔秀投手が抜群のスライダーを武器にする。リリーフで登板し豪速球を投げる2年生の井上雄輝投手も注目で、この二人をリードする2年生の谷川翔太捕手も、兄で千葉ロッテの谷川唯人選手に劣らない強肩を見せる。主軸の藤田大吾選手も1年時から4番を打ち経験豊富。

開星は175cmの左腕・藤原主税投手が主戦で、球の力で勝負できる。そして左のサイドから力強い球を投げる田中康顕投手も注目の投手。チームでは1年生で春に4番を任された井出侑哉選手の将来が期待されている。

矢上高の桃田夢叶投手も県屈指の速球派。140キロをこす速球を投げて押し切る。2年生左腕の柘植哉汰投手も球威があり押してくる。益田東も佐々木郁人投手は130キロ中盤の速球にキレがあり、速球で空振りを奪う。西脇完太捕手が巧みにリードする。

石見智翠館の宮本赳希選手は175cm88kgのスラッガーで、狙った球のスイングが鋭く、打球が飛んでいく。2年生の上翔曳選手も負けない長打力を見せる。1番遊撃手で主将の秋田成輝選手の足と守備、2年生の主軸打者・皆吉海翔選手の打撃も注目したい。

平田高校は177cmの右腕で、しなる腕から角度のあるストレートを投げる若林舜大投手と、2年生で185cmから130キロ中盤の速球を投げる黒崎純平投手がおり、50m6.1秒の足を持つ清水涼太選手の足も期待。

大東の森山大朗投手が球速よりも速く感じる球が特徴で、高めの球で面白いように空振りを奪える。大社の北野文也投手は180cm78kgの左腕投手で、きれいなフォームが特徴だった。球速が出てきており成長した投球を見たい。松江農林の野々村謙太郎投手は130キロ後半の速球に威力があり、飯南高の藤川直樹投手も186cmの大型右腕で、ともに隠し玉として注目される。

三刀屋の松谷蒼馬選手は182cm86kgの体がある左の強打者で、昨年夏に3本塁打を放った実績がある。大田高の重富大空選手は176cm73kgと体は大きくないが、スイングスピード150キロを記録する強い打撃がある。

2021年度以降-高校生-島根県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント