夏の高校野球・青森大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度B

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

夏の高校野球青森大会、大型投手が共演する注目区。候補の人数としてはそれほど多くなく、ドラフト注目度はB。

スポンサーリンク

地区

昨秋は八戸学院光星が優勝、八戸西が準優勝し、八戸西が21世紀枠でセンバツに出場した。ベスト4に弘前学院聖愛、青森が入った。

春も八戸学院光星が優勝し、八戸工大一が準優勝。ベスト4に東奥義塾と八戸工大二が入った。

連覇をしている八戸学院光星が優勝候補の筆頭、八戸工大一がそれに続く。また八戸西、弘前学院聖愛、東奥義塾、青森山田が追いかける。

注目選手

好投手がそろう。八戸工大一の黒田将矢投手は、188cm80kgの大型右腕で、最速149キロの速球と大きく沈むフォークボールを投げる。カーブで緩急をつける投球もできるが、まだ体の線が細く未完成な所もある。プロのスカウトも注目しており、将来性を高く評価しての指名の可能性がある。

長身右腕では八戸西の福島蓮投手も188cm70kgの体で、昨年夏に勢いある球を投げて注目されると、センバツでも登板した。そこで大きく評価を上げるという事はなかったが、甲子園を経験したことでまた一つ成長するのではないかと期待している。

八戸学院光星の横山永遠投手は、177cm77kgの右腕投手で、気迫のこもった投球で最速147キロ、常時140キロを超す球を投げる。短いイニングで思いきり投げる環境であれば、150キロも到達しそうだ。まだ打撃も素晴らしい選手で野球センスの良い選手。

青森山田の藤森粋七丞投手はU15代表の時から、強い球を投げる投手として注目され、青森山田でも1,2年時に短い良いニングで登板し、勢いのある球を投げていた。入学時に期待していたよりはもう少しという印象だが、やはり球の強さ、スライダーの鋭さは注目される。

その他の選手

八戸学院光星は、サイドからオーバースローへと変えて140キロ中盤を記録するようになった森優太投手、春に県の準決勝、決勝で先発した140キロ右腕の小室孝平投手、2年生の180cm右腕・洗平歩人投手も140キロを記録する。これら投手陣をリードする伊藤巧将選手も評価が高い。

八戸工大一も、右サイドハンドの本間乃空投手が130キロ中盤の速球に多彩な変化球を投げ、左腕の中村光希投手も130キロ後半の速球を記録、八戸工大二戦で6回2安打10奪三振の好投を見せた。4番の澤口仁誉選手は180cm86kgの右の大型スラッガーで、強力に打ち返す打撃が魅力。田端陸玖選手は170cm72kgと小柄だが、春に4試合で3本塁打を放っている。

弘前学院聖愛の佐藤海選手は、190cm89kgの大型選手で、投げては139キロ後半を記録し、打撃でも屈指の飛距離を見せる強打者。スケールが大きい。2年生の葛西倖生投手は173cm70kgで最速140キロを記録する。

東奥義塾は3年生の坪田幸三投手が130キロ後半の速球を投げ、スライダーを武器にする。そして2年生の角田楓斗選手が打撃でも中心だが、142キロの速球を投げる投手としても期待される。投手をしっかりリードする後藤天満捕手も期待される。

八戸西は外野の広田大和選手が強肩に昨秋に2本塁打の強打もある選で、投手としても130キロ後半の速球を投げる。相前雄一朗選手、下井田大和選手など甲子園を経験した選手がどのように成長を見せるか。

五所川原の神宏太投手は191cm92kgの大型投手で、フォームのバランスもよく将来が期待される。捕手の藤森創立選手もよくリードし、打撃でも結果を残す。青森商の木村瑠斗投手はキレの良いストレートとスライダーを投げ、春は2試合で2ケタ奪三振を記録した。ショートでも評価される。2年生の塩谷亮平選手もエースで4番を任された中心選手。

八戸工大二の濱道颯太選手は、春に5試合全てでヒットを打った確率の高い選手。八戸聖ウルスラ学院の畑中一斗選手は179cm73kgの内野手で走攻守にレベルが高い。

2021年度以降-高校生-青森県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント