北筑の井生祥太朗投手が4回2/3を1安打無失点リリーフ「いずれはプロの世界に」

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

高校野球福岡大会では、139キロ右腕の井生祥太朗投手が6回途中からリリーフで登板し、4回1/3を1安打無失点に抑えた。

スポンサーリンク

二刀流

北筑vs常磐の試合で、北筑の井生祥太朗選手は3番ライトで出場し、3回に左中間への2点タイムリー2ベースヒットを打つなど5打数2安打2打点の活躍を見せた。

6回表まで4-1とリードしていたが、その裏に投手が3点を失った所でマウンドに上がると、「代わりばなでヒットを打たれて逆に気持ちが入った」と最初のバッターにヒットを許したものの、その後は延長10回までの13人をノーヒットに抑えた。

延長10回に1点を勝ち越し、初戦を突破した。4回1/3を投げて1安打5奪三振無失点。山部監督は「よく踏ん張ってくれた。調子が良くないなりに抑えることができたのは成長の証」と話した。

井生投手の叔父は松坂世代。1998年のドラフト2位で広島に指名され、外野手としてプレーし、2012年に引退をしている。その叔父からも「これまでやってきたことを出せば、必ず勝てる」とメッセージを貰っていたという。井生選手は「小さい頃からテレビで見てあこがれていた。いずれはピッチャーでプロの世界に進みたい」と話した。

そして「この夏に140キロを出したい。秋も春も自分が打たれたせいで負けた。自分が抑えてチームを甲子園に連れていきたい」と話す。140キロの大台を記録し、将来のプロ入りにつながる夏にしたい。

夏の高校野球・福岡大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度A
夏の高校野球福岡大会、ドラフト指名確実のAランク選手はまだいないものの、152キロの速球を投げる191cmの右腕・柳川大晟投手、150キロ右腕の井崎燐志郎投手は夏に一気に跳ね上がる可能性がある。野手にもプロが注目する選手が多く、ドラフト注目...
2021年度-高校生-福岡県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

父の健太朗さんもスタンドで観戦。叔父からは、LINEを通じて“これまでやってきたことを出せば、必ず勝てる”と激励があった。「小さい頃からテレビで見てあこがれていた。いずれはピッチャーでプロの世界に進みたい」と話す井生。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント