鹿児島実の城下拡選手が3打数3安打、二盗阻止など攻守で勝利に貢献

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

夏の高校野球鹿児島大会では鹿児島実が登場し、注目の城下拡捕手が1番で出場した。

スポンサーリンク

3安打

城下拡選手は中学時代に侍ジャパンU15代表に選ばた選手で、鹿児島実に入学すると1年生の春から背番号2を着けてマスクをかぶった。しかし、ここまで甲子園に足を踏み入れることなく、これが最後のチャンスとなる。

宮下監督は城下拡選手について、「やや重さがある」と打撃の調子が上がっていないと話し、この日は「チームに勢いをつけてほしい」と1番に起用した。すると、初回の先頭打者で、インコース高めの球を強引に引っ張って一二塁間を割るヒットを打つと、監督の期待通りチームに勢いがついた。

2回には押し出しの四球を選び、4回には内野安打、5回には1アウト2,3塁の場面でライト前にヒットを打ち、コールド勝ちを決めた。3打数3安打2打点の活躍だった。

また守備でも3回に強肩で二盗を阻止し、2人の投手をリードして10-0で種子島中央を完封、5回コールド勝ちを収めた。城下選手は「投手陣も緩急をうまく使えた。リズムに乗っていけると思う」と話した。

城下選手は、西武の森選手について、森選手は身長が170cm、城下選手は171cmと近い身長であることから「打撃も守備も映像などを見て参考にしています」と、打撃を参考にする。

最後の夏に甲子園出場をすることができるか、鹿児島の強打の捕手に注目したい。

2021年度-高校生捕手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・鹿児島大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度C
夏の高校野球鹿児島大会、将来的に期待したい選手はいるものの、今年のドラフト会議で指名される確率の高そうな選手は現時点ではおらず、ドラフト注目度はC。

中学時代、U15日本代表に選出された実力の持ち主。高校では1年春の九州大会でいきなり公式戦デビューを果たし、夏の大会では背番号2をつけた。1度も甲子園の土を踏めないまま迎えたラストイヤーは、主将としてチームを引っ張る。宮下監督は「チームに勢いをつけてほしい」と願いを込めて1番に抜てきした。
 2回には押し出しの四球を選び、4回には内野安打で出塁。そして、5回1死二、三塁ではコールド勝ちを決める右前適時打を放った。守りでは3回に二盗を阻止し、2投手を巧みにリード。「投手陣も緩急をうまく使えた。リズムに乗っていけると思う」と振り返った。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント