帝京五・田中怜利ハモンド投手に7球団視察し、巨人・楽天が評価

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 東北楽天ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

帝京五の189cm右腕・田中怜利ハモンド投手に、この日は7球団のスカウトが視察し、巨人、東北楽天のスカウトが評価をしている。

スポンサーリンク

145キロ右腕

田中怜利ハモンド投手は189cmの長身右腕投手で、最速145キロの速球を投げ、将来性が高く評価されている。

この日の新居浜工戦で先発をすると、初回の投球注に右足親指付近の皮がめくれ、痛みに耐えながらの投球となり、球速も132キロしか出せなかった。2回2/3を投げて1安打6奪三振3四球で無失点と言う内容だった。

元千葉ロッテの小林監督も「元々悪いうえに、右足ばかりが気になって。全然ダメですね。良い時のハモンドを知っているので。」と話した。

それでも、この日は7球団のスカウトが視察をしたが、東北楽天の山下スカウトは「鍛えたら大化けする可能性がある」と話すと、巨人の岸スカウトも「これだけ投げられる。計り知れないポテンシャルがある」と話し、投手となって本格的に投げてから2年でこれだけの投手となった事から、将来性を高く評価していた。

次の投球に向けて「修正しないとまずい」と話す田中投手、悔いのない投球でアピールをしてほしい。

2021年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・愛媛大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度B
夏の高校野球愛媛大会、今年のドラフト会議で現時点で指名確実という選手はいないものの、素質が評価される投手や遊撃手など、将来が楽しみな選手が比較的多く、ドラフト注目度はB。

本調子なら角度のある直球とキレのある変化球を操る素材型右腕。楽天の山下スカウトは「鍛えたら大化けする可能性がある」。巨人の岸スカウトも「計り知れないポテンシャルがある」と評した。田中が本格的に投手になったのは1年夏から。投球フォームに悩むなど壁に直面しているというが、わずか2年でプロ注目右腕に成長した。「(次戦に向けて)修正しないとまずい」と危機感を胸に実力を証明する。

【愛媛】帝京五の189センチ右腕・田中怜利ハモンドに7球団が視察 3回途中降板も準々決勝進出
 17年センバツ以来の甲子園出場を目指す帝京五は新居浜工に勝利し、準々決勝に進出した。先発したプロ注目の189センチ右腕・田中怜利ハモンド投手(3年)は試合中に負った負傷の影響もあり3回途中で降板した
帝京五の189センチ右腕・田中怜利ハモンドが三回途中降板 指揮官は「全然ダメ」/デイリースポーツ online
 「高校野球愛媛大会・2回戦、帝京五6-0新居浜工」(19日、西条市ひうち球場) 189センチ右腕・田中怜利ハモンド投手(3年)を擁する帝京五が勝利し16強に駒を進めた。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント