夏の高校野球・愛媛大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度B

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

夏の高校野球愛媛大会、今年のドラフト会議で現時点で指名確実という選手はいないものの、素質が評価される投手や遊撃手など、将来が楽しみな選手が比較的多く、ドラフト注目度はB。

スポンサーリンク

地区

昨秋は聖カタリナが優勝しセンバツに出場した。準優勝は松山城南、ベスト4に小松と丹原が入った。春は新田が優勝、小松が準優勝し、ベスト4に松山商と今治西の名門が入った。

聖カタリナと安定した力を出す小松を軸に、勢いのある新田、名門の松山商と今治西、そして帝京五、西条などが優勝争いをしそうだ。

注目選手

聖カタリナの川口翔大選手は、俊足・強肩で高い打率に選球眼の良さを見せる遊撃手で、センバツではアピールができたとは言えないが、もともとプロの評価も高く、評価は沈んではいない。夏にアピールをすれば、指名候補に十分入ってくる。

同じく、聖カタリナの櫻井頼之介投手は、170cm58kgと小柄だが145キロを記録する。こちらは将来が大学や社会人を経て成長しそうだ。

素質の良さなら小松の古本裕大投手も注目される。180cm75kgの右腕投手で、最速は145キロを記録した。まだまだ伸びる雰囲気があり注目したい。

その他の選手

聖カタリナでは仲田隆晟投手が184cm74kgの右腕で、スリークォーターから130キロ後半の速球を投げる。167cmの右腕・堀越璃雄投手も138キロの力のある球で、櫻井投手を援護する。野手では小柄だが身体能力の高い高岡唯選手、足達遥都選手、田代勝也選手などがおり、スピード感のある攻撃を見せる。

小松高は175cm66kgの福島未来翔選手が内野主としてスピード感あるプレーを見せ、50m5.9秒の足が注目される。177cmの右腕・越智海斗投手も140キロを記録する。

松山商は中学時代から注目され、1年時からリリーフ、先発に登板をしてきた松崎来雅投手が3年生となる。169cm72kgの左腕で142キロの速球は威力がある。180cm81kgで制球を活かす投球を見せる安藤塁投手との対象的な組み合わせの投手を、強肩強打の山本英貴捕手がリードする。

帝京第五はスケールの大きな選手が並ぶ。田中怜利ハモンド投手は189cm79kgの右腕投手で、まだフォームは荒削りだが球速は142キロまで伸びてきた。190cmの大型捕手・山崎太陽選手も二塁までの送球が1.9秒を記録する。俊足外野手の小嶋健吾選手は、130キロ中盤の速球を投げる左腕投手。

西条高も尾崎颯汰朗選手が178cm75kgの外野手で、50m5.9秒の俊足と強肩が光る。右肘を故障しているものの187cmから140キロの速球を投げる真鍋透徹投手も復活が期待される。

川之江の高見祐輔投手は130キロ中盤の速球と落ちるボールを使う好投手。昨年から遊撃手として注目された鈴木琉斗選手も安定した守備を見せ、走攻守に良さを見せる石川将規選手も注目。済美高校も1年時から経験を積んでいる選手が多く、ショートの向井歳選手は守備に定評があるが打撃も成長している。

今治西の池田竜太朗選手は176cm78kgの左の強打者で、2番を打ちチームに得点を与える。新田高の古和田大耀捕手は176cm96kgの捕手で、二塁まで1.9秒の強肩と、高校通算23本塁打の長打力を持つ。投げても139キロを記録する。丹原の別宮涼斗選手も俊足外野手で、一塁到達3.8秒を記録する。北条高の西本祐真選手は180cm85kgの体から長打力が魅力。

吉田高の三好巧真投手は、171cm72kgの左腕投手で、141キロの速球のキレは十分。帝京五を連続で封じるなど強豪も手が出ない。新居浜南の石原慎之助投手はサイドからのキレの良いスライダーが武器。

新居浜商業の江口勝飛投手は171cm右腕で130キロ中盤のキレの良い球を投げる。川之石の二宮翔星投手も170cmの右腕で130キロ中盤の速球を投げる。丹原の永井滉大投手は速球が注目されたが、肘の手術を受けて復帰を目指している。

今治北高三島分校の越智千裕捕手もスローイングの精度が高い捕手。2年生の長間悠仁選手はバックスクリーン弾など長打力があり、率も残せる選手。

他に2年生では、大洲農の兵藤英斗捕手が、177cm135kgのドカベン捕手。プレーを見てみたい。

2021年度以降-高校生-愛媛県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント