真颯館の146キロ左腕・松本翔投手が9回12奪三振1失点完投、4球団視察し阪神が評価

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

真颯館の146キロ左腕が九州産戦に先発し、9回12奪三振1失点で完投勝利した。この試合には4球団が視察をしている。

スポンサーリンク

143キロ

松本翔投手はゆったりとしたフォームで、横からの角度のある球は最速で143キロを記録し、得意のチェンジアップやスプリットで次々と三振を奪っていった。

序盤は探りながらという感じもあったが、5回にや三者三振を記録、その後、終盤にも変化球を中心に安定した投球を続けた。この夏はこれで4試合目の登板となる、17日に投げてから中1日の投球で、これだけの結果が残せるスタミナも素晴らしい。

この日は4球団のスカウトが視察をしたが、阪神の前田スカウトは「魅力的な素材。スピードだけじゃなく変化球の質もいい」と評価した。

これで31回を投げて34奪三振2失点、安定した投球を続ける松本投手。左で独特の角度があり、落ち着いた投球が高く評価されそうだ。

2021年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・福岡大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度A
夏の高校野球福岡大会、ドラフト指名確実のAランク選手はまだいないものの、152キロの速球を投げる191cmの右腕・柳川大晟投手、150キロ右腕の井崎燐志郎投手は夏に一気に跳ね上がる可能性がある。野手にもプロが注目する選手が多く、ドラフト注目...

この日は4球団のスカウトが最速146キロ左腕にネット裏から熱視線を送った。阪神の前田忠節スカウトは「魅力的な素材。スピードだけじゃなく変化球の質もいい」と高く評価した。

真颯館が準々決勝進出 松本翔1失点完投、中1日でもスタミナ十分/福岡 - 高校野球夏の地方大会 : 日刊スポーツ
初の甲子園出場を狙う真颯館の最速146キロ左腕、松本翔投手(3年)が12三振を奪い5安打1失点完投で勝利に貢献した。1回から140キロ台直球で押し、2巡目から… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント