愛工大名電・寺嶋大希投手が9回3安打1失点、8球団13人スカウト視察

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

愛工大名電の147キロ右腕・寺嶋大希投手が、強豪・東邦を9回3安打1失点に抑え、ベスト4入りした。

スポンサーリンク

8球団が視察

この日の東邦戦で先発した寺嶋大希投手は、3回に1点を失ったものの、その後は落ち着いた投球を見せた。「スライダーで取りたい時に三振を取れたし、打ち取りたい時は真っすぐで押し込みました」と納得の投球でだった。9回3安打5奪三振1失点。

この日の岡崎市民球場は、1試合目にプロ注目の竹山日向投手が登板した享栄戦もあり、8球団13人のスカウトが視察をした。この試合でも田村俊介選手などが注目されており、スカウトがそれぞれチェックをした。

寺嶋投手も非常に良いピッチングを見せている。愛知は中京大中京の畔柳亨丞投手など投手のレベルが非常に高く、なかなか目立って来ないが、個人的には指名されてもおかしくない、まとまりと将来性のある投手だと思う。

2021年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・愛知大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度A
夏の高校野球・愛知大会は150キロを記録する投手が3人、140キロ後半を記録する投手も大勢いる。打者でもドラフト指名確実と言える選手がおり、ドラフト注目度は文句なしA。
愛工大名電、東邦を破り4強!準決勝で中京大中京と激突…投打2人のプロ注目選手活躍【高校野球愛知大会】:中日スポーツ・東京中日スポーツ
◇27日 第103回全国高校野球選手権愛知大会準々決勝 愛工大名電7―1東邦(岡崎市民) 愛知の「私学4強」同士の対決は、愛工大名電が...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント