智弁学園・前川右京選手が2安打、巨人スカウト「良くなっている」

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

智弁学園が奈良大付に勝利、プロ注目の前川右京選手が3打数2安打2四球の活躍を見せ、視察した巨人のスカウトが評価した。

スポンサーリンク

巨人スカウト評価

リードを許す展開だったが、智弁学園は5回に1アウト2塁から、前川右京選手からの4連打で一気に試合を決めた。前川選手は3打数2安打2四球と活躍し、「5打席で4度出塁できたのは良かった」と話した。

この試合には巨人の渡辺スカウト主任が視察し、「春よりバットの出が良くなっている」と評価した。今大会は4試合で9打数6安打と、高校通算35本塁打のスラッガーはホームランこそ無いものの、チームの勝利に貢献をしている。

この日は天理高校が敗れた。天理の瀨千皓選手から「頑張ってくれ」と連絡があったと話し、決勝戦の高田商戦に向けて気合を入れ直す。

2021年度-高校生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
智弁前川2安打2四球 スポーツニッポン紙面 2021/7/28

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント