天理が逆転負け、達孝太投手「メジャーの一歩目がプロ」プロ志望を表明

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

天理のドラフト1位候補・達孝太投手がこの日、高田商に9回サヨナラ逆転負けをした。試合後にはプロ志望を表明した。

スポンサーリンク

サヨナラ

高田商との激戦となったこの試合、4-4の5回から登板した達孝太投手は、登板直後に1点を勝ち越させる。しかし、6回以降は安定した投球を見せると、9回表に味方が2点を奪って逆転した。

あとは勝利に向けてアウトを3つ取ることだったが、ランナーを出して1アウト2塁とすると、最後は右中間を割る深い当たりの三塁打、そして中継が乱れる間にバッターランナーもホームに還り、あっという間の逆転サヨナラ負けとなった。呆然とした達投手は「終わった。負けるときはそんなもんかな」と思っていたという。

達投手は「メジャーリーガーになって、サイ・ヤング賞を取る目標がある」と強いメジャー志向だが、「その一歩目がプロ」と話し、プロ志望を表明した。

長身右腕が日本のプロで大きく成長し、大谷翔平選手のようにメジャーで注目される選手になってほしい。ドラフト会議ではハズレ1位か2位での指名が予想される。

2021年度-高校生投手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・奈良大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度A
夏の高校野球奈良大会、ドラフト上位で指名されそうな選手が投打におり、レベルが高い。全体的には少し候補が少ないののの、ドラフト注目度はA。

涙は流さなかった。「止まっていてもだめ。メジャーリーガーになってサイ・ヤング賞を取る目標がある」。まずは日本でプロ入りを目指す。

「終わりましたね。試合と高校野球が。悔いはあるけど、今後に向けて切り替えないといけない。ここで止まれない。自分のやりたい練習をやって、メジャーでサイヤング賞という夢に向かいたい」と達は試合後、進路としてはプロ志望届を提出し、NPBからのメジャー挑戦の意思を明らかにした。

天理が準決勝で逆転サヨナラ負け 達は救援登板も失点「いい経験」/奈良 - 高校野球夏の地方大会 : 日刊スポーツ
今秋ドラフト候補で最速148キロ右腕の達孝太投手(3年)を擁する天理が、高田商に逆転サヨナラ負け。準決勝で姿を消した。天理は先発左腕の森田雄斗投手(3年)が4… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント