報徳学園のプロ注目左腕・久野悠斗投手、「今の実力では進学になると思う」

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

夏の高校野球兵庫大会では、準決勝で報徳学園が神戸国際大付に敗れた。プロ注目の大型左腕・久野悠斗投手は、試合後に進路について話した。

スポンサーリンク

今の実力では

この日の久野悠斗投手は、序盤は優勝候補の神戸国際大付を相手に好投を見せていた。しかし、4回に6安打と味方の2つのエラーが絡んで6失点をする。5回からは再び立ち直りを見せ、8回まで無失点を続け、9つの三振を奪い意地も見せたが、試合はそのまま2-6で敗れた。

久野投手は試合後に、「今の実力では進学になると思う」と話し、進学の可能性を示唆、「最終的にはプロに行きたい」と大学でさらに成長してからのプロ入りを目指す。

186cm85kgの左腕投手だけに、大学では現在の最速143キロを、やはり大台の150キロに伸ばしたい。どのようなスタイルの左腕になっていくのか、非常に楽しみ。

2021年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・兵庫大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度B
夏の高校野球・兵庫大会、140キロ中盤を記録しプロのスカウトも注目する投手が比較的多いものの、昨年の中森、来田選手のようにドラフト上位での指名が予想されるような投手がおらず、ドラフト注目度はB。

最速143キロ左腕は「自分の気持ちの弱さが出た試合。チームを勝たせることができなかった」と、うなだれた。大角健二監督も「(4回は)ミスが連続するという、ダメな部分が凝縮された」と、悔しさをにじませた。久野は「今の実力では進学になると思う」と、今後に進路を熟考することを明かした。

「気持ちも技術も足りなかった。隙があった」と久野は悔いた。それでも、許した得点は四回のみ。強気の内角直球や低めの変化球球を上手く使い、9奪三振と力は示した。

 「最終的にはプロに行きたい」と夢を語った久野。この敗戦の悔しさを胸に、次はプロの舞台を目指す。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント