修徳の146キロ右腕・床枝魁斗投手が10回3安打15奪三振完封、日本ハムスカウトが評価

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース

夏の高校野球東東京大会では、修徳vs小山台の準決勝が行われ、プロ注目の修徳・床枝魁斗投手が延長10回を完封し勝利した。

スポンサーリンク

精神力

床枝魁斗投手はこの日は自己最速の146キロに迫る145キロを記録し、プロも注目する投手。

この日は9回まで無失点を続けるものの、小山台も継投で失点を許さず、0-0のまま延長に入った。雷で8分間の中断をした後の10回に、2つの四球を与えるなど制球が乱れ、1アウト1,2塁となった。

しかし、そこで再び雷で中断すると、「疲れなのか、右足に体重を残せないうちに投げていた。それを修正した」とフォームを修正し、再開後は空振り三振とショートゴロに打ち取った。その裏に味方がサヨナラ満塁弾を放って勝利し、床枝投手の奮闘に答えた。

荒井監督は「2年半やってきてそういう修正ができる子なんです」と話し、試合中でもフォームの修正ができる投手と評価をした。

またこの日、視察した北海道日本ハムの多田野アマ兼プロスカウトは「雷も含めて何度も崩れそうな要素はあったが崩れない。絶対に先に点は与えないという気持ち、辛抱できる点が魅力。こんな精神力が強い投手はそうはいない。これは鍛えて鍛えられるものではない。」と精神的な強さを評価し、さらに「投球に関して言えば、右打者のアウトコースのスピンの効いた球筋が素晴らしいね」と評価した。

準決勝は優勝候補筆頭の関東第一と対戦する。強い精神力を持つエースは「関東第一を倒すためにやってきた。やっとその土俵に立てる」と話した。

2021年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・東東京大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度C
夏の高校野球東東京大会、プロが注目する投手が数人いるものの、野手も含めた全体的には例年よりも候補が少なく、ドラフト注目度はC。

視察に訪れた日本ハム・多田野スカウトも「雷も含めて何度も崩れそうな要素はあったが崩れない。精神的に強い投手。これは鍛えて鍛えられるものではない。投球に関して言えば、右打者のアウトコースへのスピンの効いた球筋がすばらしいね」と絶賛した。

「2年半やってきてそういう修正ができる子なんです」と荒井高志監督。自分で考えて問題点を見つけ、修正する。ネット裏で視察した日本ハム・多田野数人アマ兼プロスカウトは「こんな精神力が強い投手はそうはいない」と評価した。

プロ注目右腕10回15K完封でサヨナラ満塁弾呼び込む 【高校野球東東京大会】:中日スポーツ・東京中日スポーツ
◇30日 第103回全国高校野球選手権東東京大会準々決勝(スリーボンドスタジアム八王子) 修徳は延長10回、劇的満塁本塁打が飛び出し、...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント