MLBロイヤルズスカウトが、高校2年生2人に注目

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース メジャーリーグ

デイリースポーツで甲子園の選手を評価しているロイヤルズの大屋国際スカウトが、この日は近江の山田陽翔投手と、京都国際の森下瑠大投手の2人の2年生を評価した。

スポンサーリンク

山田選手はあえて野手として評価

雨のためにノーゲームとなってしまったが、近江は先発した2年生の山田陽翔投手投手が力強い球を投げていた。ロイヤルズの国際スカウト・大屋氏は「投手としてすでに140キロ以上の速球を投げて変化球もすべて優れている」と評価している。

しかし記事では4番バッターとしての山田選手について、「体は大きくないが、シュアな打撃でどんな球筋にも対応できる打撃センスを持っている。その対応能力の高さにパワーがつけば、遠くへ飛ばせるようにもなるだろう。投手で当然肩も強いので、プロとしては数日に一度の登板より野手として毎日見たい逸材だ。」と評価した。

近江vs日大東北の試合は今日、再試合が予定されており、注目したい。

また、京都国際の2年生エース左腕・森下瑠大投手については「いわゆるクロスファイヤーが武器。高い腕の位置から垂直に近い角度で投げ下ろすのだが、その腕の位置がぶれず、上体のすべて、胸から手のひらまでが打者の方を向いている。その縦軌道で直球だけでなくカーブ、スライダー、カットボール、チェンジアップなど投げたいところへ投げられるのは、体幹が強い証し。いわゆる「勝てる投手」と言える。」と評価した。

森下投手は球速こそ130キロ台だが、バランスの良いフォームと、伸びのある球、そしてコントロールが良く、素晴らしい左腕投手で、来年までに常時140キロ前半の所に持ってくれば、プロ入りできる投手だろう。この日の完封勝利も、実績として大きな勲章となるはずだ。

2022年度-高校生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

来年が楽しみな2年生2人に注目した。ノーゲームになったが、近江(滋賀)の山田君は最近珍しい「エースで4番」。投手としてすでに140キロ以上の速球を投げて変化球もすべて優れているのだが、あえて野手としての将来性を評価したい。

 体は大きくないが、シュアな打撃でどんな球筋にも対応できる打撃センスを持っている。その対応能力の高さにパワーがつけば、遠くへ飛ばせるようにもなるだろう。投手で当然肩も強いので、プロとしては数日に一度の登板より野手として毎日見たい逸材だ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント