前橋育英・皆川岳飛選手は甲子園でホームランならず、「必ず夢であるプロ野球選手になる」

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

群馬大会で3試合連続ホームランを放ったプロ注目の皆川岳飛選手、甲子園でのホームランは出なかったが、プロ入りに強い意欲を示した。

スポンサーリンク

必ず

皆川岳飛選手は181cm79kgの外野手で、高校入学時からその素質をが話題になっていた。この夏の群馬大会では3試合連続のホームランを放ち、投手としても147キロを記録するなど大いに注目された。

甲子園でのホームランが期待されたが、この日は京都国際の左腕・森下瑠大投手の前に、左打者にはチャンスがあまりない試合となった。皆川選手も3打数ノーヒットに抑えられ、「打撃で何とか返そうという気持ちだった。チャンスで4番の仕事ができず悔しい」と話した。

次の進路について皆川選手は、「必ず夢であるプロ野球選手になる。この負けをこれからの野球人生につなげたい」と話し、プロ入りを目指す事を明らかにした。兄の皆川喬涼投手も中央大で最速149キロの速球を投げるエースとして、ドラフト候補として注目されており、秋のドラフト会議では兄弟で指名を待つということになるかもしれない。

昨年、青藍泰斗の石川慧亮選手が同じように強打と強肩で注目され、プロ志望高校生合同練習会でも、木製バットで鋭い打球のホームランを放っていたが、指名されなかった。皆川選手は左の強打者であることは間違いなく、遠投115mの強肩も間違いない。そして172cmだった石川選手に比べ、181cmと上背があることも評価のポイントとなる可能性がある。

甲子園で一発が飛び出せばスカウトの評価が聞かれたと思うが、これまでスカウトの評価がなかなか挙がっていない所がある。甲子園での打撃にややひっかかる所もあるが、将来性を評価するスカウト、球団もあると思う。ドラフトの指名順位の予想は難しいが、ドラフト中位から育成ドラフトまでの範囲で指名されてもおかしくない。

2021年度-高校生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
ドラフト的甲子園注目カード【6日目】※日程変更後
ドラフト会議で注目されそうな選手を中心に、夏の甲子園大会の注目カードと、チェックしたい選手を紹介します。6日目の4試合から。

4歳上の兄の存在も大きかった。兄・喬涼は前橋育英で16年夏から3季連続甲子園に出場。現在は中大のエースで、兄弟そろって今年のドラフト候補として注目される。兄から「甲子園は感じたことのない場所だった」と言われた聖地での戦いは終わった。だが、続きはある。「必ず夢であるプロ野球選手になる。この負けをこれからの野球人生につなげたい」。その目に力が戻った。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント