京都国際・中川勇斗捕手がプロ志望届提出へ

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

この夏の甲子園で2本のホームランを放ち、捕手として巧みなリードをみせた京都国際・中川勇斗捕手が、プロ志望届を提出する以降であることが分かった。

スポンサーリンク

相手も脅威

中川勇斗選手は京都大会決勝戦で逆転の2ランホームランを放って甲子園出場に導くと、甲子園でも初戦の前橋育英戦、そして3回戦の二松学舎大付戦で、いずれもプロ注目の好投手からホームランを放った。

また捕手としても森下瑠大投手、平野順大投手の2年生右腕を巧みにリードし、キャッチング、スローイングとともに、抜群の視野の広さに智弁学園・小坂監督も対戦前に最も警戒をする選手だった。

プロのスカウトも中川選手の評価は上がっており、捕手としての能力を評価する声も聞かれる。この日は「自分が何もできなかったという悔しい気持ちがある」と話したものの、将来の夢は「侍ジャパン」でプレーすることと話し、プロ志望届を提出する意向だという。

体が大きくない捕手だが、野球に対する姿勢が熱心で、チームを引っ張ってベスト4に導いた実績も大きく、ドラフト会議では下位、または育成での指名がありそうだ。

2021年度-高校生捕手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
進路を表明した高校生選手一覧(2021)
夏の大会も日程が進み、甲子園大会が始まった。既に戦いを終えた高校生からは、進路を表明した選手もいる。進路を明らかにした選手をまとめます。
中川プロ志望届提出へ スポーツニッポン紙面 2021/8/29

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント