侍ジャパンU18W杯は来年9月に実施、馬淵監督が続投の方針

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 侍ジャパン

夏の甲子園が終わった。例年であれば、侍ジャパンU18代表のメンバーが決定し、国際大会に挑む時期なのだが、9月に予定されていたU18代表のワールドカップが中止となり、今年も侍ジャパンU18代表は結成されない。

スポンサーリンク

2022年に

そのU18W杯は、2022年の9月にアメリカフロリダで開催される予定が発表され、来年は新型コロナの感染が終息していれば、実施されることになる。

日本はまだ正式に大会参加を決めていないが、今年までの任期で代表監督を務めていた明徳義塾・馬淵監督に支障がなければ、来年のW杯まで代表チームを託す方針だという。

代表戦は選手にとっても貴重な経験となり、また、同時に行われる侍ジャパン大学代表との対戦や、木製バットを使っての実戦は、ドラフト会議に向けたアピールの機会にもなっていた。

昨年、そして今年もその機会が無く、その影響は小さくないと思うが、せめて来年からは、代表が結成され、選手に機会があることを祈りたい。侍ジャパンは悲願のオリンピック金メダルを獲得し、残るは「U18W杯優勝」となる。

2021年度-高校生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

先日、次回のU18W杯が来年9月に米国フロリダで開催される予定が発表された。コロナ禍がおさまり、日本が正式に大会参加を決めた場合、馬淵監督自身の都合に支障がなければ代表チームを託す方針だ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント