花巻東・佐々木麟太郎選手が49号同点3ラン、巨人・DeNAスカウト絶賛

高校野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

花巻東の1年生・佐々木麟太郎選手が、一時、同点に追いつく高校通算49号となる3ランホームランを放った。今大会は10打数6安打2本塁打9打点と驚異的な活躍をみせた。

スポンサーリンク

同点に追いつく価値ある3ラン

佐々木麟太郎選手はこの日の明治神宮大会準決勝・広陵戦で、第1打席は三振に倒れると、第2打席は左足に死球を受け、一時は歩けない状態だった。試合も5回までに2−9と大きくリードを許した。

しかし、そのまま試合に出場を続けた佐々木選手は、5−9と追い上げて8回に、1点が入りさらに2アウト1,2塁の場面で打席に立つと、高めの128キロの球をフルスイングし、打球はライトスタンドに飛び込んだ。高校通算49号は、値千金の同点3ランだった。

試合はその裏に1点を勝ち越され、これで花巻東の今年の高校野球が幕を閉じたが、初の全国大会で10打数6安打9打点、2本塁打を話し、OPS1.871と驚異的な数値を叩き出した佐々木選手にとって、非常に大きな大会となったことは間違いない。

この日も多くのスカウトが視察をしたが、巨人・水野スカウト部長は「さすが。打ってほしいところで打ってくれる。普通の1発と価値が違う。柔らかいバットコントロールがいい。140キロ以上の速い真っすぐにもしっかり対応できるようになれば、ドラフト1位候補になる。」と評価した。

また横浜DeNAの欠端スカウトも「こすった感じであそこまで飛ばすのだから、たいしたもの。バットが内側から出てフォームも崩されない」と評価した。

2023年のドラフトの目玉に向かって、まずは骨折している足を治し、徐々に腰やヒザなどに負担のかからないフォームを作り上げて行きたい。

2023年度-高校生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【2021年 明治神宮大会】4日目の対戦カードと注目選手一覧
明治神宮大会4日目の、高校の部、大学の部の対戦カードと注目選手を紹介します。

佐々木麟が強烈なインパクトを残した。3点を追う8回2死一、二塁。カウント2-1からの4球目、見逃せばボールの128キロ真ん中高め直球を振り抜き、右翼席最前列まで持っていった。ダイヤモンドを回りながら「ヨッシャー」と雄たけびを上げ、右手でガッツポーズを繰り返した。ホームインすると、ネクスト・バッタースボックスで控える主将の4番田代旭捕手(2年)に向けて「次は任せたぞ!」と言わんばかりに右手で指をさし、左手でグータッチ。最大7点差を追いつき、反撃ムードを演出した。

▽巨人水野スカウト部長(花巻東・佐々木麟について) さすが。打ってほしいところで打ってくれる。普通の1発と価値が違う。柔らかいバットコントロールがいい。140キロ以上の速い真っすぐにもしっかり対応できるようになれば、ドラフト1位候補になる。

高校1年生〝ビッグ4〟大暴れ!来春センバツでブレーク必至/明治神宮大会
高校の部の準決勝が23日に行われ、1年生の〝ビッグ4〟がそろって活躍した。花巻東(東北)-広陵(中国)では、花巻東の佐々木麟太郎内野手が高校通算49号となる3ラ…
【神宮大会】花巻東・佐々木麟太郎、49号3ラン含む3安打5打点も準決勝敗退「まだ足りないところ多い」
 花巻東(東北)は、佐々木洋監督(46)の長男で、20日の1回戦(対国学院久我山)で高校通算48号ソロを放つなど大活躍を見せている怪物ルーキー・佐々木麟太郎が「3番・一塁」で出場。3点差の8回2死一、
花巻東・麟太郎、壮絶49号 惜敗にもインパクト!死球もん絶後に奮起 3安打5打点/デイリースポーツ online
 「明治神宮大会・高校の部準決勝、広陵10-9花巻東」(23日、神宮球場) 高校の部は準決勝2試合が行われ、広陵と大阪桐蔭が決勝に進出した。花巻東は広陵に敗れたが、佐々木洋監督(46)の長男・麟太郎内野手(1年)が死球でもん絶後に奮起。高校通算49号を含む3安打5打点を記録した。今大会3試合で打率・600、2本塁打、9...
花巻東・佐々木麟太郎 高校通算49号3ラン含む5打点 決勝進出逃すも全国舞台で存在感 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 高校、大学で計4試合が行われた。高校の部では花巻東(東北)の佐々木麟太郎内野手(1年)が今大会2本目となる高校通算49号3ランを放つなど3安打5打点をマークしたが、広陵(中国)に9―10で敗れ、決勝進出はならなかった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント