広陵の189cmスラッガー・真鍋慧選手が10号3ラン、巨人・中日など評価

中日ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

花巻東の佐々木麟太郎選手と対戦した広陵は、同じく1年生の左のスラッガー・真鍋慧選手の3ランホームランなどで10−9と競り勝ち、決勝進出を決めた。

スポンサーリンク

10号3ラン

真鍋慧選手は189cm89kgの体があり、広陵のボンズと注目される1年生。この日は2回、2アウト1,2塁の場面で、カウント3−1からのスライダーを引っ張り、打球はライトスタンドに飛び込んだ。高校通算10号となる3ランホームランに「真っすぐを狙って、芯で捉えようと思った。狙っていた球なのでいい感じで捉えられました」と話した。

均整の取れた体、柔らかさもある打撃に、佐々木選手よりも好むスカウトも多いかもしれない。この日視察したスカウトからも絶賛の声が挙がる。

中日の米村明チーフスカウトからは「佐々木は大砲型だが、真鍋は長打力のあるバランス型。インコースをさばけるのは評価の1つになる。うまくさばいていた。スイングスピード、タイミングの取り方、うまく対応できている証拠。守備を見ても、三塁や外野もできそう。スーパーになるのに体はいい要素です」

中日・松永編成部長:「将来的に、広角に長打が飛ばせるオリックスの吉田正尚タイプのイメージ」

巨人・水野スカウト部長:「真鍋君は体に恵まれている」

この日は、その佐々木選手の目の前で3ランを放ったが、8回には3ランホームランのお返しをされた。同じ左のスラッガーで、「少し意識します」と話す。これから、守備面や足などでも佐々木選手などと比較され、高く評価されていくタイプだろう。

2023年度-高校生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【2021年 明治神宮大会】4日目の対戦カードと注目選手一覧
明治神宮大会4日目の、高校の部、大学の部の対戦カードと注目選手を紹介します。

中学時代から、水で重量を増やせるバットで振り込んできた。そのスイングスピードは驚異の150キロ。同じ1年生で高校通算49本塁打を数える花巻東の佐々木麟太郎が注目を一身に浴びているが、真鍋の柔らかい打撃も目を引く。中日の米村明チーフスカウトからは「佐々木は大砲型だが、真鍋は長打力のあるバランス型。内角のさばき方が上手。守備を見ても、三塁や外野もできそう」と総合力を高く評価された。

▽中日米村アマスカウトチーフ(広陵・真鍋について)「インコースをさばけるのは評価の1つになる。うまくさばいていた。スイングスピード、タイミングの取り方、うまく対応できている証拠。スーパーになるのに体はいい要素です」

広陵にもスーパー1年生!4番・真鍋慧が豪快3ラン 花巻東を突き放す1発 - 高校野球 : 日刊スポーツ
またまたスーパー1年生が出現した。広陵(中国・広島)の4番を打つ真鍋慧内野手が花巻東(東北・岩手)を突き放す豪快アーチを放った。1点を先制された直後の2回に逆… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
広陵 V王手! スーパー1年生・真鍋が4番弾 中国勢初の快挙へ乱打戦制した/デイリースポーツ online
 「明治神宮大会・高校の部準決勝、広陵10-9花巻東」(23日、神宮球場) 準決勝2試合が行われ、広陵が10-9で花巻東との乱打戦を制し、初の決勝進出を果たした。広陵のボンズこと4番の真鍋慧(けいた)内野手(1年)が右越え3ランを放ち、チームを勝利に導いた。中国勢では初の神宮大会優勝をかけ、25日の決勝は大阪桐蔭と対戦...
【神宮大会】“広陵のボンズ”真鍋慧が3ラン アーチ競演の花巻東・佐々木麟太郎に「同学年で少しは意識」
 3年ぶり5度目出場の広陵(中国)が、最大7点差を追いつかれながらも花巻東(東北)に競り勝ち、初の決勝進出を決めた。2―1の2回2死一、二塁、“広陵のボンズ”こと1年生4番の真鍋慧(けいた)が右越えに
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント