センバツ出場校が今日15時に発表、関東・東京6校目は東京準優勝か関東ベスト8か

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

3月18日開幕のセンバツ高校野球大会の出場校が今日決定する。関東・東京地区の6校のうち、関東大会ベスト4の4校と東京優勝の1校は出場濃厚だが、残り1校は直接対決の無い中で、毎年、選考が難しい。

スポンサーリンク

最近は4年連続で関東5校目が選出

昨秋の関東大会では優勝した明秀日立と準優勝した山梨学院、ベスト4の木更津総合と浦和学院が選出が濃厚、また東京大会で優勝した国学院久我山も確実となっている。

残り1校を東京大会準優勝のチームか関東ベスト8のチームかだが、まず東京大会の決勝では、二松学舎大付が8回まで3−1とリードしながら、9回に3点を失いサヨナラ負けだった。

一方、関東大会ベスト8では、優勝した明秀日立に4−11で敗れた健大高崎か、ベスト4の木更津総合に1−4で敗れた東海大相模かだが、群馬2位の健大高崎より、神奈川1位の東海大相模が有力とする声が多い。そして東海大相模は昨年もこの地区の6校目で選出され、センバツでは見事優勝し、センバツ連覇もかかっている。

その上で、二松学舎大付と東海大相模とどちらが選ばれるかは、選考委員会の判断にかかっている。ちなみに2012年から2017年までは関東と東京が交互に選ばれていたが、2018年から2021年は関東が4年連続で選ばれている。

この他、近畿地区では通常の6枠に、大阪桐蔭が明治神宮大会で優勝したことでもうひと枠増えて7校が出場できる。ベスト4以上の大阪桐蔭、和歌山東、天理、金光大阪の4チームは出場確実で、ベスト8の京都国際、東洋大姫路、市和歌山、近江の4校のうち3校が出場できる。

中国四国地区でも5枠の出場枠があるが、それぞれの地区の優勝・準優勝チームである広陵、広島商、高知、鳴門は出場が確実。残り1校を中国地区ベスト4と四国地区ベスト4の中から選ぶことになる。

難しい選考となるが、選ばれた高校は今日の15時から発表される。

2022年センバツ出場予想と注目選手
明治神宮大会が終了し、来年の各地区のセンバツ出場枠が決定しました。出場チーム予想と注目選手の紹介をします。
センバツ関東・東京6校目は東京準V二松学舎か関東8強東海大相模か…きょう選考委員会
 第94回センバツ高校野球大会(3月18日開幕、甲子園)の選考委員会は28日に開かれる。注目される関東・東京の6校目は、昨秋東京準Vの二松学舎大付と、関東8強の東海大相模(神奈川)の争いになりそうだ。
二松学舎大付か東海大相模か…注目のセンバツ『関東・東京』第6のイス争い【高校野球】:中日スポーツ・東京中日スポーツ
第94回センバツ高校野球大会(3月18日から13日間・甲子園)の出場32校を決める選考委員会が28日にオンラインを併用して開催される。...
【センバツ】きょう出場校決定 関東・東京、近畿ラスト1枠注目/選考予想 - 高校野球 : 日刊スポーツ
日本高野連は28日に選考委員会を開き、第94回センバツ高校野球大会(3月18日開幕、甲子園)に出場する32校(一般選考枠28校、21世紀枠3校、神宮大会枠1校… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
【センバツ選考】21世紀枠、地区別それぞれの委員会が選出/スケジュール - 高校野球 : 日刊スポーツ
第94回選抜高校野球大会(3月18日開幕、甲子園)の出場32校を決める選考委員会は28日に開催される。【スケジュール】9時~10時15分★21世紀枠候補校の推… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント