大阪桐蔭、前田悠伍投手が初登板で6回1安打12奪三振&6本塁打で圧巻勝利

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

2回戦は不戦勝となった大阪桐蔭は、準々決勝の市和歌山戦でその力を爆発させた。2年生左腕の前田悠伍投手が6回1安打12奪三振無失点、伊藤櫂人選手が1イニング2本塁打など6本塁打の猛打を浴びせた。

スポンサーリンク

前田投手初登板

昨年の明治神宮大会でエースとして優勝を果たした2年生の前田悠伍投手が、センバツ初登板、甲子園デビューをしたが、その内容は圧巻だった。

伸びのある速球は最速143キロ、2回にヒットを許したが被安打はその1本のみ。4回2アウトから6回までは5者連続奪三振を記録するなど、6回86球を投げて1安打12奪三振無失点だった。

昨年秋の時点で、もうすでに高校NO.1左腕と言っても良い感じだったが、この冬はブルペン投球で20m以上離しての投球を続け、「強い球を投げられるようになった」と話す。

来年のドラフト1位指名候補として、甲子園での実績を作り始めた。来年秋までにどこまで実績を積み上げているのか、注目される。

6本塁打

打線も爆発した。5回に2番・谷口勇人投手が、市和歌山の先発の長身右腕・淵本彬仁投手からバックスクリーン左へホームランを放つと、2アウト2、3塁の場面で、主将の7番セカンド・星子天真選手が3ランホームランで4点を奪って突き放す。

さらに6回には伊藤櫂人選手がバックスクリーン左へホームランを放つと、4点を追加した後の2アウト二塁の場面で代打で登場した工藤翔斗選手がライトへ2ランホームラン、そしてなおも2アウト1塁の場面で、伊藤選手がこの回2本目のホームランをレフトスタンドに放り込んだ。

7回にはプロ注目の海老根優大選手もレフトスタンドに2ランホームランを放ち、1試合6本塁打の圧倒的な打撃を見せた。

市和歌山の米田天翼投手が登板したものの、疲労で腕が下がり、球速も120キロ台まで下がっていて、動く球を使おうとしていたがコントロールできなかったこともあったが、圧倒的な打撃で17点を奪い、17−0で大勝した。

伊藤選手は1番サードでプレーするが、卓越した打撃を持っており、この日も対戦データの少なかった相手先発の淵本投手から、1打席目、2打席目で四球を選ぶ中で「ファーストストライクがどういう球筋で入ってくるか」をナインに伝えて攻略を図った。海老根選手や松尾汐恩選手が注目されるが、伊藤選手も十分評価される選手で、大学からかなりの誘いがあると思うが、プロ入りしても面白いと思う選手。

大会も終盤となり、各チームに実力のあるエースがいるも、かなりの投球数となって疲労も重なっている。その状態でこの大阪桐蔭を止めるのは至難の業と言えそうだ。

センバツ高校野球(2022)準々決勝の対戦カードと注目選手
センバツ高校野球大会は準々決勝、対戦カードと注目選手です。
大阪桐蔭高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
“2年生四天王”大阪桐蔭・前田「のびのび楽しく」12Kデビュー 6回1安打無失点、冬場磨いた球威発揮 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 主役こそ打線に譲った。それでも「2年生四天王」の一角、大阪桐蔭・前田悠伍だって負けていない。今大会初登板で6回まで1安打無失点、毎回の12奪三振。「初回、点を取ってもらって気持ちが楽に入れた。いつも通りの投球ができて良かった」と打線の爆発に感謝しながら、笑みを浮かべた。
大阪桐蔭・前田“高2四天王”スキなし12K聖地デビュー「雰囲気も景色もよかった」/デイリースポーツ online
 「選抜高校野球・準々決勝、大阪桐蔭17-0市和歌山」(28日、甲子園球場) 大阪桐蔭は前田悠伍投手(2年)が6回を1安打12奪三振と好投し、17-0で市和歌山を下した。休養日を挟み、30日に準決勝が行われる。
記録的アーチ攻勢で大阪桐蔭4強 伊藤が1イニング2発! チーム1イニング3発!! 1試合6発!!! - スポニチ Sponichi Annex 野球
 大阪桐蔭は、「KKコンビ」を擁した84年PL学園に並ぶ大会タイの1試合6本塁打などで記録的大勝。「2年生四天王」の一角で実質的エース格の左腕・前田悠伍も6回無失点12奪三振と鮮烈な聖地デビューを飾った。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント