常葉大菊川の148キロサイドスロー・安西叶翔投手に巨人スカウト「将来性は期待できる」

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

静岡県屈指の速球派投手で、右サイドハンドから148キロの速球を投げる常葉大菊川の安西叶翔投手が、慶応大との練習試合に登板した。複数球団のスカウトが視察に訪れ、巨人のスカウトが評価をしている。

スポンサーリンク

148キロサイドハンドピッチャー

安西叶翔投手は186cm89kgの体があり、右サイドハンドから148キロの速球を投げる。昨年秋に腕を下げてから球速がアップし、プロのスカウトから注目される投手となった。

この日は慶応大との練習試合で先発したが、初回に3ランホームランを浴びるなど5安打4失点、2回から4回にも失点し、4回10安打8失点を喫した。「最近調子よくて、この試合まで自責点が0だった。今日は完全に力負け。初球から厳しいところにいっちゃって、最後に決めきる球がなかった」と話した。

この日は複数の球団のスカウトが視察に訪れたが、巨人の脇谷スカウトは「スピードが出るし体に力がある。将来性は期待できる。戸郷に似た感じ」と話し、高校卒1年目から活躍をしている、同じサイドハンド投手の戸郷投手と比較し評価した。

この日の経験を糧に、安西投手は「今のままじゃ甲子園に行っても勝てない。もう時間はないけど、どこまで詰められるか。今日の負けを次に生かせるようにしていきたい」と話した。7月9日に開幕する静岡大会に向けて、最後の追い込みを図る。

2022年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-高校生-静岡県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・静岡大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度A
夏の高校野球静岡大会、高校野球を盛り上げようと熱心な方が多く、情報発信力の高い地区で多くの選手が紹介され評価されている。本命としていた投手が少し伸び悩みをしているものの、プロが注目するスラッガーが揃っており、ドラフト注目度はA。
常葉大菊川・安西に巨人スカウトも熱視線「戸郷に似た感じ」慶応戦で8失点も/デイリースポーツ online
 「練習試合、慶応18-6常葉大菊川」(26日、慶大グラウンド) 常葉大菊川は今秋ドラフト候補の安西叶翔投手(3年)が先発。4回10安打8失点だった。

 この日は複数球団のスカウトが視察。慶応打線に打ち込まれたが、巨人・脇谷スカウトは「スピードが出るし体に力がある。将来性は期待できる。(巨人の)戸郷に似た感じ」と評価した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント