知内の147キロ左腕・坂本拓己投手が2回6奪三振、ヤクルト・広島スカウト視察し「伸びしろありそう」

高校野球ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース 広島カープドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

最速147キロの速球を投げる左腕投手で、北海道の注目投手の1人の知内・坂本拓己投手が、夏の高校野球南北海道大会函館地区Aブロック2回戦の八雲戦で先発し。2回6奪三振の投球を見せた。

スポンサーリンク

2回をすべて三振で

先発した坂本拓己投手は、投球自体はまだもう少しという感じだったと思うが、最速は143キロを記録、四球を与えたものの2回を6奪三振で、小さく沈む球などを使って三振を奪った。「四球を出したので納得はしてないけれど、その後制球を修正できたので良かった」と話した。

試合は5回コールド12−0で勝利、やや力に差があった相手で、知内は142キロ右腕の馬躰光瑛投手など3人が登板をした。

左のパワーピッチャーで昨年も威力ある球を投げていたが、今年春は全道大会2回戦で敗れ「内角は自信を持って投げられるけど、コースの使い分けをしないと打たれる」と外のへの制球力、そして夏に向けて体力づくりを行った。体重を3kg増やすと「球威、アベレージの球速が上がった」と手応えを感じている。

この日は東京ヤクルトと広島の2球団のスカウトが視察、東京ヤクルトの斉藤スカウトは「バネがあるし、これからもっと球速が上がると思う。伸びしろがありそうなので楽しみ」と評価した。坂本投手はプロ志望届提出を視野に入れており、この夏でアピールを続けたい。

2022年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・南北海道大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度A
夏の高校野球南北海道大会は、苫小牧中央の斉藤優汰投手と東海大札幌の左腕・門別啓人投手が共に150キロを記録しており、ドラフト上位での指名が期待される。他にも速球派投手や野手も期待される選手が多く、ドラフト注目度はA。
【南北海道】知内、プロ注目の最速147キロ左腕・坂本拓己が2回6奪三振
 3地区で開幕し、6試合が行われた。南北海道の函館地区で、知内は最速147キロ左腕・坂本拓己(3年)が2回6奪三振と好投。投手3人の継投で相手打線を無安打に抑え、12―0で八雲を下した。

秋にはプロ志望届の提出も視野に入れており、ヤクルト、広島のスカウトがネット裏で視線を送った。ヤクルトの斉藤宜之スカウトは「バネがあるし、これからもっと球速が上がると思う。伸びしろがありそうなので楽しみ」と評価した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント