二刀流の桐生第一・三塚琉生選手が中央学院と練習試合、2球団が視察

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

桐生第一が中央学院と練習試合を行い、高校通算29本塁打の左のスラッガーで、投げても144キロサウスポーの三塚琉生選手のプレーに、2球団のスカウトが視察した。

スポンサーリンク

182cm88kg

三塚琉生選手は182cm88kgと恵まれた体があり、打っては高校通算29本塁打、投げては144キロを記録するサウスポーとして注目されている。この日も2球団のスカウトが視察に訪れた。

この日の中央学院との練習試合では打席ではレフト前に1安打のみ、投げても8回から登板し、2回2安打1死球1奪三振で無失点という内容で、打撃については「ボール球を振ってしまうことが多かった。ここで1本ほしいというところで打てるようにしていきたい」と反省し、投球についても「球をコースに投げ切れなかった。」と反省した。

中央学院は2年生の井川一心投手が登板し、9回7安打5奪三振3失点と好投、背番号15で夏のベンチ入りが決まった2年生が完投し、4−3で中央学院が勝利した。

この日は146キロ右腕の北村流音投手も登板したようだが、内容などは不明。昨秋に素晴らしい投球を見せていただけに、夏の復活を期待したい。

2022年度-高校生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-関東のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
高校通算29本塁打の桐生第一・三塚が〝二刀流披露〟も中央学院に敗れる
高校野球練習試合(中央学院4-3桐生第一、26日、中央学院グラウンド)高校通算29本塁打でプロ注目の桐生第一(群馬)の三塚琉生外野手(3年)が国内2球団視察の中…

高校通算29本塁打でプロ注目の桐生第一(群馬)の三塚琉生外野手(3年)が国内2球団視察の中、八回から登板し、2回を2安打1死球1三振無失点に抑えた。左投げ左打ちで182センチ、88キロと恵まれた体で、左腕として最速144キロ超えの直球と本塁打が期待されたが、振り遅れの左前打1本で試合も3-4で敗れ、三塚は首を振った。

中央学院は右腕・井川が好投 ワンポイント救援も使い桐生第一に勝利
高校野球練習試合(中央学院4-3桐生第一、26日、中央学院グラウンド)中央学院(千葉)の右腕・井川一心投手(2年)が桐生第一(群馬)との練習試合で先発し、九回1…
中央学院・井川一心、プロ注目桐生第一・北村流音に投げ勝つ「外野を経験したことで鍛えられた」 - 高校野球 : 日刊スポーツ
中央学院(千葉)の2年生右腕・井川一心投手が、桐生第一(群馬)のプロ注目最速146キロ右腕・北村流音投手(3年)に投げ勝った。「相手は強いチーム。コントロール… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント