室蘭栄の住吉壮野投手「まずは進学して大学で力をつけて」、3年間で得難きライバルを得て

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

高校1年の秋に146キロを記録し、北海道で注目投手となった室蘭栄の住吉壮野投手は、苫小牧中央の斉藤優汰投手との投げ合いに惜しくも敗れ、新しい目標に向かう。

スポンサーリンク

まずは進学して

今年の北海道は、苫小牧中央の151キロ右腕・斉藤優汰投手を筆頭に、東海大札幌・門別啓人投手、知内の坂本拓己投手といった140キロ後半から150キロを記録する投手がいるが、その中で1年秋に146キロを記録していた住吉壮野投手も四天王として名前を連ねていた。

この日はその四天王の一人、斉藤投手との南北海道大会出場をかけた試合で、投げ合いを挑んだ。178cm88kgの体で9回139球を投げ、5失点をしたものの10個の三振を奪った。対する斉藤投手は140キロ後半の速球を投げ、9回136球で16個の三振を奪い4失点、4−5で敗れた。

結局、高校3年間で、苫小牧中央や駒大苫小牧などのいる室蘭地区の代表になることはできず、道大会に出ることはできなかった。それでも、斉藤投手とはLINEでやり取りをするなど、ライバルとの3年間の戦いを楽しんだ。この日の試合後に「負けて後悔がないといえばうそになるけど、最後に一番、楽しい試合ができた」と目をうるませた。

そして住吉投手は将来について、「まずは進学して大学で力をつけてから目指したい」と話し、大学進学の志望を明らかにした。おそらく斉藤投手はこの秋のドラフト会議でプロ野球選手になると思うが、「もしそうなったら、いつか追いついて、上の舞台で対戦できたら」と話した。

厳しいライバルとの戦いの中で、栄光はつかめなかったかもしれないが、これほど素晴らしいライバルを得ることはなかなかできないと思う。そのライバルの成長を見て諦めるのではなく、それに勝つという気持ちを忘れなければ、4年後に住吉投手の名をドラフト候補として再び注目することになると思う。

2022年度-高校生-北海道のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・南北海道大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度A
夏の高校野球南北海道大会は、苫小牧中央の斉藤優汰投手と東海大札幌の左腕・門別啓人投手が共に150キロを記録しており、ドラフト上位での指名が期待される。他にも速球派投手や野手も期待される選手が多く、ドラフト注目度はA。
室蘭栄・住吉壮野、投げ合い楽しむ プロ注目苫小牧中央・斉藤優汰に負けじと9回完投/南北海道 - 高校野球夏の地方大会 : 日刊スポーツ
<シン・うるうるマン:室蘭栄・住吉壮野投手(3年)>ライバル同士、最後まで投げ合いを楽しんだ。プロ注目右腕、苫小牧中央の斉藤が136球、自身は139球で、そろ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

目標はプロも「まずは進学して大学で力をつけてから目指したい」。斉藤が高卒でプロ入りする可能性もあるが「もしそうなったら、いつか追いついて、上の舞台で対戦できたら」。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント