侍ジャパン大学代表、天理大の友杉篤輝選手についてプロスカウトの評価

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

日刊スポーツの記事で、侍ジャパン大学代表に選出されている天理大の友杉篤輝選手について、プロのスカウトの評価が紹介されている。

スポンサーリンク

打撃に課題

6月7日の大学野球選手権での天理大の友杉篤輝選手の評価について、視察したプロのスカウトに話を聞くと、

「守れるショート。球団によって取りに行くだろうね」

「守備力と走力は評価できる。でも、打力はどうか。まだ力が足りない」

「あのタイプはあまりいない。右投げ右打ちのショート。それだけでも希少」

「いまの時点ではスーパーサブじゃないか」

という話が聞かれたという。

この春のリーグ戦では打率.447を記録して首位打者に輝き、10盗塁を決めて盗塁王になった。選手権の初戦・名城大戦では、3回に147キロのストレートをライト前に弾き返すヒットを打ち、代表にも選ばれている強肩捕手・野口泰司選手から盗塁を決めた。そして守備では、フットワークの良い動きでセカンドベース後方のゴロを軽快にさばいた。

大学代表選考合宿をみると、ショートの守備は頭一つ抜けているくらい、動きの良さを見せていた。一方で打撃ではフリー打撃でも打球の強さは、他の打者より少し弱い感じがした。

代表に選ばれ、ショートのポジションは明治大の2年・宗山塁選手と争うが、守備では友杉選手がやや上、打撃では宗山選手が上という感じで、おそらく、宗山選手のほうがスタメンで器用される事になると思う。

ショートの守備では今年のドラフト候補で高校、社会人も含めて3本の指には確実に入ると思う。しかし、打撃や足を含めると、亜細亜大の田中幹也選手のほうが上という評価をしている。現時点でプロ入りしても、横浜DeNAの柴田竜拓選手のように、出場すれば守備で勝利に貢献するが、ショートを始め、セカンド、サードなどで1年で80試合から100試合くらいに出場するような選手になる、というイメージだ。

打撃でもアピールが十分できているが、将来、プロでも3割を打てそうと感じさせるような、少し強い打球を見せて欲しい。大学代表の戦いで宗山選手や他の選手から打撃の技術を得て、夏に強い打撃を伸ばしたい。秋に打撃でもアピールできるようになれば、ドラフト3位前後での指名が確実視される選手になってくるだろう。

2022年度-大学生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年・侍ジャパン大学代表候補選手一覧
2021年12月の代表候補合宿、2022年6月の代表選考合宿を経て、侍ジャパン大学代表が決定しました。(2022年6月20日) 12月のメンバー、6月のメンバーの表も下に掲載しています。
右投げ右打ちショートの快足王 プロ注目の天理大・友杉篤輝に感じる可能性 - アマ野球 : 日刊スポーツ
ちょっと驚いた。スピードあふれる躍動感、剛球に負けない「マン振り」。6月7日、全日本大学野球選手権で天理大・友杉篤輝内野手(4年=立正大淞南)を見た印象だ。ド… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

プロで通用するか。この一点で周囲は逸材を見極める。スカウトの本音を集めてみた。

「守れるショート。球団によって取りに行くだろうね」「守備力と走力は評価できる。でも、打力はどうか。まだ力が足りない」「あのタイプはあまりいない。右投げ右打ちのショート。それだけでも希少」。「いまの時点ではスーパーサブじゃないか」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント