京都外大西の西村瑠伊斗選手が通算51号本塁打、6人態勢オリックスなど9球団スカウトにアピール

中日ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース オリックスドラフトニュース

京都外大西の西村瑠伊斗選手選手がこの日、夏初戦を迎えると、9球団のスカウトが視線を送る前で高校通算51本目となるホームランを放った。

スポンサーリンク

オリックス6人態勢

西村瑠伊斗選手はこの日、1番ライトで出場すると、初回の第1打席では相手の洛北高校が外野手4人のシフトを取った。しかし、この打席で落ち着いて四球を選ぶと、2回は普通の守備隊形の中でセンターフライを打った。そして、4回先頭の第3打席で再びシフトを取られたが、外野手の頭を大きく越えるライトスタンドへの特大のホームランを放った。

「直球を軽く振って捉えられたので良かった。」と話す西村選手は、5回に一塁強襲のヒットを打ち2安打を記録した。7回には二盗を決めたがその際に両足をつり、そのまま交代した。

足、肩、そして長打力がそろう西村選手には、この日は9球団のスカウトが視察し、オリックスは6人態勢で視察をした。中日の山本スカウトは「これまで4試合を視察して4本塁打。無駄な動きがなく、コンパクトに振れていてパンチ力もある」と評価した。この日も大勢のスカウトの前で長打力や足のアピールに成功し、この日で指名候補として大きく前進することになったかもしれない。

次戦は春に京都大会を制覇した西城陽との対戦となる。西村選手は「やることは変わらない。泥臭く西高の野球をやって勝ちきりたい」と話し、「甲子園で60号を打てたらいいな」とホームランの量産も宣言した。

夏の高校野球・京都大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度B
夏の高校野球京都大会、全国屈指の左腕投手に外野手が揃っており、ドラフト注目度はB。
2022年度-高校生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
京都外大西・西村 外野4人のシフト超えて通算51号弾!6人態勢のオリックスらプロに猛アピール - スポニチ Sponichi Annex 野球
 第104回全国高校野球選手権大会(8月6日から14日間、甲子園)の出場校を決める地方大会は9日、25大会が開幕し、計259試合が行われた。京都大会では今秋ドラフト候補の京都外大西・西村瑠伊斗外野手(3年)が開幕戦で高校通算51号本塁打を放ち、10―0の7回コールド勝利をけん引した。

再び外野4人シフトとなった4回に一発を放つと、5回にも一塁強襲安打。2安打2打点の活躍で6人態勢のオリックスをはじめ多くのスカウト陣をうならせた。7回に二盗した際、両足のふくらはぎをつって交代も、試合後は軽症を強調した。

【京都】京都外大西プロ注目・西村瑠伊斗 開幕戦で高校通算51号「しっかり捉えられた」
 京都大会が9日開幕し、今秋ドラフト候補に挙がる京都外大西の二刀流・西村瑠伊斗(るいと、3年)が洛北との開幕戦で高校通算51号ソロを放つなど2安打2打点の活躍。チームをコールド発進に導いた。

 「1番・右翼」で先発した左の強打者をプロ9球団が視察した。4―0の4回無死、西村は3ボール1ストライクから右腕の直球を捉えた。「外野を越えればホームランになる。しっかり捉えられた」。相手は三塁手を外野に配置する“西村シフト”を敷いてきたが、お構いなしに強烈なライナーを右翼席に運んだ。中日・山本スカウトは「これまで4試合を視察して4本塁打。無駄な動きがなく、コンパクトに振れていてパンチ力もある」と絶賛した。

京都外大西のドラフト候補・西村瑠伊斗が初戦から豪快弾、スカウトの前で「よく飛んだ」/京都 - 高校野球夏の地方大会 : 日刊スポーツ
投打の二刀流で鳴らし、今秋ドラフト候補の京都外大西・西村瑠伊斗(るいと)外野手(3年)が夏初戦から豪快アーチをかっ飛ばした。4点リードの4回、先頭で右腕から右… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント