夏の高校野球・和歌山大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度B

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

夏の高校野球和歌山大会、昨年はドラフト1位指名選手が複数誕生するなど大いに盛り上がった。今年は昨年ほどではないが、プロが注目する投手が複数人おり、ドラフト注目度はB。

スポンサーリンク

地区

昨秋は市和歌山が優勝し、準優勝に和歌山東が入った。この2校がセンバツに出場している。4強には和歌山商と智弁和歌山が入った。

春は智弁和歌山が優勝し、近畿大会でも大阪桐蔭を倒して優勝した。準優勝に和歌山商、4強に市和歌山と日高が入った。

智弁和歌山、市和歌山、そして和歌山商の3校が優勝候補、日高、和歌山東などが優勝争いに絡みそうだ。

注目選手

智弁和歌山の武元一輝選手は、187cm88kgの大きな体があり、投げては148キロを記録し、打っても通算14本塁打を超す長打力を見せる。打撃も魅力だが、スカウトは投手としての将来の期待をしている。実績的にはまたチームのエースにもなりきれていない状態で、ポテンシャルの評価となっているが、この夏に実績も伴う投手となれば、秋はドラフト上位候補としてのプロ入りとなりそうだ。

智弁和歌山では塩路柊季投手が、球速が143キロで、172cm74kgと大きくないが、投手らしさや実績という点で武元投手より上と評価する声もある。

そして市和歌山の米田天翼投手も評価が高い。最速149キロの速球で、センバツでも明秀日立戦で1失点完投勝利を挙げるなど、投手としての能力を見せた。昨年の小園健太投手に似たフォームや投球スタイルになってきたが、体のサイズはひと回り小さく、どのように評価されていくか注目したい。

その他の選手

智弁和歌山は主将の岡西佑弥選手が、U15代表も経験するなど各世代で経験を多く積んでおり、打力と勝負強さがある選手で、大学などでも主将になる選手。捕手の渡部海選手もスローイングの良さ、リードの良さが高く評価されている。そして2年生の青山達史選手は、184cm83kgの右のスラッガーで、打席での雰囲気がある。強打だけでなく肩や足も良く、来年が注目される選手。

市和歌山は183cm78kgの淵本彬仁投手が143キロを記録し、米田投手に比較されるくらいに成長してきた。まだまだ潜在能力がありそうで将来が楽しみ。馬力で140キロを記録する小畑拓磨投手、左腕で140キロ台のストレートを使って粘りの投球ができる宮本勇投手など投手陣が豊富で、昨年にショートから転向した松村祥吾捕手が投手の力を引き出す。

和歌山東は技巧派右腕の麻田一誠投手がハマったら強豪も倒す力がある。そして侍ジャパンU18代表候補にも入っている此上平羅選手は、センバツでも主軸で打撃の結果を残し、サードの守備も評価された。山田健吾選手はリリーフ投手としても好投をするが、1番打者として出塁のできる選手。他にも俊足の田村拓翔選手、野別瑠生選手や、スラッガータイプの森岡颯太選手なども楽しみ。

初芝橋本は川端一正投手がチェンジアップをうまく使う投球で抑え、松井大空捕手が徐々に名前が挙がる捕手になってきた。俊足の選手。

和歌山商は右腕の塙翔斗投手が130キロ後半の速球を投げ、1年生の木村健太郎投手がアンダースローで智弁和歌山戦で好投を見せた。捕手で4番の竹本伸弥選手がチームを引っ張り、秋・春4強入りの実力を見せている。

高野山の宮下武虎投手は183cm83kgの右腕で球速は130キロ後半を投げ、スケールでは和歌山のトップクラスと変わらない。近大新宮の大槻虎生投手は171cm69kgの右腕投手で、回転の良いストレートで空振りを奪う。

田辺の上村隼磨投手が130キロ後半の速球に多彩な変化球を投げ、日高高校の片山将希投手も130キロ後半を記録、登板の経験も積んでいる。粉河の坂中道汰選手は守備、走塁のセンスが良い選手で、打撃でも旨さを見せる。投手としても130キロの球を軸に緩急をつける。

2年生では箕島の澤虎太郎捕手が打撃が素晴らしく、高く評価されている。新宮高の里見幸生選手も強肩の選手でホームランも放つなどセンスの良さを見せている。

2022年度以降-高校生-和歌山県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント