塔南の野原元気投手が二刀流で活躍、9球団が視察し中日スカウト「楽しみな素材」

中日ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

塔南の二刀流・野原元気選手が投打に活躍し、視察した9球団のスカウトにアピールをした。

スポンサーリンク

二刀流

野原元気投手は最速144キロの速球を投げ、打撃も評価されている二刀流で、この日は1番投手で出場すると、投げては9回4安打11奪三振で西舞鶴を完封、打っても5打数3安打を記録した。

この日の最速は140キロだったが、4回から6回までは5者連続奪三振を記録するなど球の勢いがあった。攻撃では9回にヒットを打つと、守備のスキを突いて二塁に進むなどプレーでアピールをした。

この日は9球団のスカウトが視察し、中日の山本スカウトは「全体的にバランスがいい。楽しみな素材」と素質を評価した。

2022年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・京都大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度B
夏の高校野球京都大会、全国屈指の左腕投手に外野手が揃っており、ドラフト注目度はB。
塔南・野原、初戦から全開 11K完封&3安打 9球団スカウトの前で猛烈アピール - スポニチ Sponichi Annex 野球
 第104回全国高校野球選手権大会(8月6日から14日間、甲子園)の出場校を決める地方大会は11日も各地で熱戦があり、京都大会では今秋ドラフト候補に挙がる塔南の野原元気投手(3年)が完封&3安打の二刀流で初戦を突破した。

持ち前の野球センスを視察した9球団スカウトへ存分に見せつけ、中日の山本将道スカウトも「全体的にバランスがいい。楽しみな素材」と評価した。

塔南“最後の夏”に初戦突破 大会屈指の右腕・野原元気が投打に活躍、11奪三振で完封/京都 - 高校野球夏の地方大会 : 日刊スポーツ
京都屈指の本格派右腕・野原元気投手(3年)擁する塔南が、初戦を突破した。序盤は制球に苦しみ、「体の調子はよくなかった」と話したが、じょじょに本来の投球を取り戻… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント