川越東・伊藤匠海投手が11奪三振復活投球、9球団視察し千葉ロッテスカウト部長が評価

高校野球ドラフトニュース 千葉ロッテドラフトニュース

川越東の183cm左腕・伊藤匠海投手が復活となる7回5安打11奪三振無失点の投球を見せた。この試合には9球団のスカウトが視察している。

スポンサーリンク

9球団視察

伊藤匠海投手は183cm74kgの長身左腕投手で、最速は140キロを記録する。しかし、昨年11月に左郭胸出口症候群の手術を受け、2月から練習を再開し、最近の練習試合で100球以上を投げるまで回復していた。

この日は春日部工を相手に最速は139キロだったが、胸の張りと腕のしなりがあり、速く感じる球を投げ込んだ。また変化球でタイミングを外し、スライダーで三振の山を築いた。106球を投げて7回5安打11奪三振無失点、「球にばらつきはあったけど、スライダーで空振り、三振を多く取れてよかった」と話した。

この日は長身左腕投手の復活を見ようと9球団のスカウトが集まったが、千葉ロッテ・榎スカウト部長は「腕がしなるし、体ができてくれば楽しみ」と評価した。

実家はお寺で、将来的には住職になることを念頭に入れているが、今の目標はプロ野球選手になることで、これから評価が上がってまず、1つ目の目標に届くか期待したい。

2022年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・埼玉大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度B
夏の高校野球埼玉大会、毎年のように投手・野手でドラフト上位で指名されるような選手を輩出してきたが、今年は上位指名とまでは行かないが、各高校に将来楽しみな選手がいる。ドラフト注目度はB。
9球団視察!川越東のプロ注目左腕・伊藤匠海、’22公式戦初登板7回0封/埼玉大会
甲子園大会の出場権を懸けた地方大会が11日、各地で行われ、埼玉大会2回戦で川越東のプロ注目左腕、伊藤匠海投手(3年)が今年の公式戦で初登板。春日部工を7回5安打…

実家は埼玉・川島町の真言宗智山派善福寺。3歳のときに住職の祖父、禎章さんと境内でキャッチボールを始めた。父に続き、将来的には住職になることも念頭に入れているが、今の目標はプロ野球。この日は国内9球団が視察し、ロッテ・榎スカウト部長は「腕がしなるし、体ができてくれば楽しみ」と評価した。

【埼玉】川越東のプロ注目左腕・伊藤が9球団スカウトの前で7回11K無失点、昨秋の左肩手術から復活
 川越東のプロ注目左腕・伊藤匠海(3年)が7回5安打無失点11奪三振で白星発進した。
川越東のプロ注目左腕・伊藤 7回11K無失点でアピール「自分としてはいい状態」/デイリースポーツ online
 「高校野球埼玉大会・2回戦、川越東6-0春日部工」(11日、レジデンシャルスタジアム大宮) 川越東のプロ注目左腕・伊藤匠海投手(3年)が7回5安打無失点と好投。複数のプロスカウトが視察する前で変化球を駆使して11奪三振とアピールした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント