利根商の内田湘大選手が高校通算35号ホームラン、7球団視察し巨人・中日・ヤクルト・ソフトバンク評価

中日ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

利根商の内田湘大選手が、視察する7球団のスカウトの前で、推定120mの特大ホームランを放った。巨人、中日、東京ヤクルト、福岡ソフトバンクのスカウトが評価をしている。

スポンサーリンク

35号

内田湘大選手は183cm90kgの大型の選手で、投げては最速146キロを記録し、打ってはフルスイングから高校通算34本塁打を放つ選手として注目されている。

この日の桐生清桜戦では4番ファーストで出場すると、7点リードした6回2アウト2塁の場面で2球目の球を振り抜き、打球は95mのレフトフェンスを大きく越え、高さ25mの防球ネットの中段に突き刺さった。「打撃練習の成果が出た。真っすぐが、ちょっと落ちた感じの球。今まででもいいホームラン」と会心の当たりだったが、「飛距離ではなく本塁打という結果がありがたい」と話した。

この日は4打数3安打3打点の活躍を見せ、視察した7球団のスカウトも評価をしている。

東京ヤクルト・丸山スカウト:「懐が深く、初戦の第1打席で引っ張らず丁寧に右中間へ。最後は見せてくれた」

巨人・内田スカウト:「投打どちらでもいけると思う」

中日・正津スカウト:「馬力系のようで、バッティングにもピッチングにも柔らかさがある」

福岡ソフトバンク・福元スカウト:「打撃を評価しています。初球から振りにいける打撃スタイルは魅力」

この日は登板しなかったものの、投手としての評価も高い。内田選手も「どちらかだけではなくて、自分は2つで1つ」と話し、今後も二刀流を続けていくつもりで、次戦では登板することも期待される。

2022年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・群馬大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度B
夏の高校野球群馬大会、投手だけでなく野手にもプロ注目の選手がそろう。ドラフト注目度はB。
プロ注目利根商の二刀流・内田湘大が120m特大弾 NPB7球団スカウトの前で猛打賞/群馬 - 高校野球夏の地方大会 : 日刊スポーツ
プロ注目の二刀流が、目の覚めるような1発を放った。利根商(群馬)の内田湘大内野手(3年)が「4番一塁」で出場し、推定120メートル弾を含む4打数3安打3打点と… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

NPB7球団のスカウトが視察する前で猛打賞。この日は登板がなかったが、投手としても最速146キロをマークする。巨人内田スカウトが「投打どちらでもいけると思う」と言えば、ソフトバンク福元スカウトは「打撃を評価しています。初球から振りにいける打撃スタイルは魅力」と評した。

利根商の逸材、内田湘大が120メートル弾 二刀流でプロ注目!7球団スカウトの前でパワー見せた/群馬大会
第104回全国高校野球選手権大会の出場を懸けた地方大会は16日、各地で行われ、群馬2回戦では利根商が桐生清桜に9-0の七回コールドゲームで勝ち、初戦を突破した。…

身長183センチの右打者は、投げても最速146キロを誇り〝投打二刀流〟で注目される逸材だ。この日の登板はなかったが、ヤクルト・丸山スカウトは「懐が深く、初戦の第1打席で引っ張らず丁寧に右中間へ。最後(の本塁打)は見せてくれた」と、その打撃を高く評価した。

利根商の二刀流・内田湘大が特大2ラン、高校通算35号で「手応えは完璧」【高校野球群馬大会】:中日スポーツ・東京中日スポーツ
◇16日 全国高校野球選手権群馬大会2回戦 利根商9-0桐生清桜(高崎城南) 立ち止まって打球の行方を見上げた。利根商の内田湘大内野手...

「4番・一塁」で出場し2回に先制の起点となる左中間三塁打。3回にも左前適時打で3安打3打点。中日の正津スカウトは「馬力系のようで、バッティングにもピッチングにも柔らかさがある」と非凡さを評価した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント