侍ジャパン大学代表はオランダ、アメリカに敗れて4位

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 侍ジャパン

ハーレム・ベースボール・ウィークを戦った侍ジャパン大学代表は、準決勝のオランダ戦に敗れると、3位決定戦でもアメリカに敗れた。

スポンサーリンク

青山投手ノーヒットノーランまであと一人

準決勝で対戦したオランダには、元ヤクルトのバレンティン選手などがいる中で、亜細亜大のエース・青山美夏人投手が先発すると、角度のあるストレートと得意のスプリットで7イニング制で行われている試合の6回2アウトまでノーヒットノーランを続ける好投をみせた。

しかし、そこから四球を与えると、次の打者にレフトオーバーの2塁打を浴びて同点に追いつかれ、マウンドを降りる。リリーフで152キロ右腕・上田大河投手が登板したものの、センター前ヒットで逆転された。

それでも、元ソフトバンクで、オランダの協会のテクニカルディレクターをしているバンデンハーク氏は「青山は特別な投手になる。今後も彼の成長を追っていきます。彼は野球で素晴らしいことを成し遂げることができると信じています。私は彼の投球に感銘を受けました。今夜彼は並外れた投球だった」と、青山投手を評価した。

10奪三振喫す

3位決定戦ではアメリカ相手となった。今年のドラフト注目投手の一人、立教大の荘司康誠投手が先発したものの1回2/3で1安打2奪三振も2死球などで2失点すると、曽谷龍平投手は1/3を投げて2四球1奪三振、3回からは矢澤宏太投手が登板したが、4回4安打5奪三振1四球で3失点と、三振は奪うものの失点を重ねた。

打線は3回に1アウト満塁の場面で萩尾匡也選手の犠牲フライで1点を奪ったが、アメリカ代表の投手陣に2安打に抑えられ10個の三振を奪われた。

オープニングラウンドで5勝0敗で勝ち上がった日本だったが、オランダ戦での敗戦のショックが大きかったのか、最終的には厳しい結果となった。

昨年冬の代表合宿から、春のリーグ戦を経て代表候補選考合宿で選ばれた選手たち。その過程で成長していく姿を見ることができた。この大会のこの経験も、成長につながる糧になると信じている。

8月1日にはプロ野球のU23選抜と対戦する「大学・社会人選抜」として、矢澤投手や青山投手、慶大の橋本達弥投手、上武大の進藤勇也捕手、立大の山田健太内野手、駒大の林琢真選手、早大の蛭間拓哉選手が出場する。

そして8月30日には、U18代表との壮行試合で再びチームが戦う。

2022年・侍ジャパン大学代表候補選手一覧
2021年12月の代表候補合宿、2022年6月の代表選考合宿を経て、侍ジャパン大学代表が決定しました。(2022年6月20日) 12月のメンバー、6月のメンバーの表も下に掲載しています。
大学日本代表が準決勝でオランダに惜敗 青山あと1人でノーヒッターも逆転負け、3位決定戦へ - アマ野球 : 日刊スポーツ
第30回ハーレム・ベースボール・ウイークの準決勝が7回制で行われ、大学日本代表は、オランダ代表と対戦。亜大・青山美夏人投手(4年=横浜隼人)が7回2死まで無安… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
大学日本代表は米国に敗れ4位 打線が2安打のみに抑えられ、10奪三振を喫する - アマ野球 : 日刊スポーツ
大学日本代表は3位決定戦で米国代表に敗れ、4位で全日程を終えた。先発は立大・荘司康誠投手(4年=新潟明訓)。1回2/3を被安打1の3奪三振、2死球で2失点。2… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント