鳴門の144キロ左腕・冨田遼弥投手が5回2安打無失点、5球団視察し巨人が評価

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

春のセンバツ大会で初戦対戦した大阪桐蔭3失点に抑え、大阪桐蔭が圧倒的な優勝をした後に評価されることになった鳴門の冨田遼弥投手が、この夏の初登板で5回2安打無失点の好投を見せた。この試合には5球団のスカウトが視察をしている。

スポンサーリンク

才能ある左投手

冨田遼弥投手は少し苦しんだ。球の伸びなどはあったものの、センバツの疲れから春の四国大会では体が横ぶりのフォームになり、夏に向けて修正をしていた。

初登板ということもあり、「緊張は感じていなかったけど、勝手にしていたのかも」と、2回には1アウト満塁のピンチを背負った。しかしこれを無失点に抑えると、3回からは伸びのあるフォームとストレートで立ち直った。5回を投げて2安打6奪三振無失点、名西高校を5回コールドで破って勝利した。

この日は5球団のスカウトが視察に訪れ、巨人の岸スカウトは「才能ある左投手。右打者のインサイドへの角度のある球がいい。スライダーも勝てる投手の変化をしている」と評価した。

177cm82kgの左腕投手で最速は144キロを記録するがまだ伸びしろがあり、特徴的な変化球、ストレートの伸び、そしてインコースにしっかりと投げきれる制球力がある。魅力十分の左腕投手に、今後は進路について注目されることになりそうだ。

2022年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・徳島大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度A
夏の高校野球徳島大会、よくこれだけ集まったというほど、今年の高校生のドラフト候補が集まった。ドラフト注目度はA。
【徳島】大阪桐蔭苦しめたドラフト候補の左腕 鳴門の冨田遼弥が0封発進
徳島では、センバツで大阪桐蔭を苦しめた鳴門・冨田遼弥(3年)が5回2安打無失点でコールド発進した。

春の四国大会で優勝したが、体が横振りになり、本来のフォームから遠ざかった。その修正に取り組んで迎えた夏初陣。3回以降は立て直し、6三振を奪って、5回コールド勝ちした。プロ5球団のスカウトが視察。巨人・岸スカウトは「才能ある左投手。右打者のインサイドへの角度のある球がいい。スライダーも、勝てる投手の変化をしている」と高く評価した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント