苫小牧中央の斉藤優汰投手と東海大札幌・門別啓人投手がともに敗戦、プロ志望へ

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース プロ志望

南北海道大会ではプロ注目の苫小牧中央の斉藤優汰投手と東海大札幌の左腕・門別啓人投手がともに準決勝で姿を消した。ともにプロ志望届の提出を明言した。

スポンサーリンク

注目投手4人

南北海道大会の準決勝は、知内・坂本拓己投手vs東海大札幌・門別啓人投手、苫小牧中央・斉藤優汰投手vs札幌大谷・森谷大誠投手のプロ注目投手対決となった。

東海大札幌は投手としても140キロ後半を投げる唐川侑大選手が先発して好投し、3回途中からエース・門別投手が登板し、5回2/3を投げて5安打8奪三振1失点の好投を見せたものの、知内の坂本投手が9回5安打7奪三振1失点の好投を見せ、知内が2−1で勝利し決勝進出を決めた。

門別投手は「自分なりに気持ちを入れて投げたが、球が浮いてしまった。自分のピッチングをしようと思ったが力が入った」と話した。進路については、「自分は出すつもりでいます」とプロ志望届提出を明言した。

苫小牧中央は150キロ右腕の斉藤投手が少し疲れの見えた投球で初回から失点すると、5回までに10安打で7失点と崩れた。札幌大谷の森谷投手は7回5安打2失点に抑えたが、こちらも5四死球と疲れが見えていたが、粘りの投球で勝利した。

斉藤投手はプロが非常に注目する投手で、ドラフト1位指名の可能性もありそうだが、「やってきたことに悔いはない。ここの野球部で学んだことをこれからも継続していきたい」と話し、プロ志望届けを提出する予定。既にプロのスカウトも評価する段階は終わっており、高い評価でドラフト会議を迎えることになる。

2022年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-高校生-北海道のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・南北海道大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度A
夏の高校野球南北海道大会は、苫小牧中央の斉藤優汰投手と東海大札幌の左腕・門別啓人投手が共に150キロを記録しており、ドラフト上位での指名が期待される。他にも速球派投手や野手も期待される選手が多く、ドラフト注目度はA。
プロ注目左腕の東海大札幌・門別啓人6回途中1失点甲子園逃す、今後プロ志望届提出へ/南北海道 - 高校野球夏の地方大会 : 日刊スポーツ
東海大札幌のプロ注目左腕、門別啓人投手(3年)が甲子園出場を逃した。3回途中から2番手で登板。0-1の5回、1死二塁から9番渡辺に右前適時打を許し、失点。5回… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
札幌大谷初の決勝、苫小牧中央エース斉藤優汰を攻略「大振りしないことがいい結果に」/南北海道 - 高校野球夏の地方大会 : 日刊スポーツ
札幌大谷が初の決勝に進出した。初回1死三塁から、3番天野凰介外野手(3年)の中前適時打で先制。2、3回にも1点ずつを加えると4回には2死二、三塁から2番樹神(… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント