大阪電通大高の148キロ右腕・的場吏玖投手は「大学で150キロを出したい」

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

この日、大阪桐蔭との対戦で注目された大阪電通大高の的場吏玖投手だったが、5回を投げて6安打8失点し、センバツ覇者を倒すことはできなかった。

スポンサーリンク

春に大阪桐蔭を苦しめる

的場吏玖投手は、春季大阪大会でセンバツチャンピオンの大阪桐蔭と対戦し、8回4安打3失点に抑える好投を見せた。185cmから148キロの速球を投げ、そのバランスの良いフォームにプロのスカウトの評価も高かった。

この日はその大阪桐蔭と再戦をしたが、初回に四球やエラーなどで2失点すると、3回、5回にも3失点し、大阪桐蔭を止めることはできなかった。「初回は四球、失策もあって、しっかりと抑えることができなくて悔しいです。真っすぐはいつもと変わらない調子だったと思いますが、春は抑えられた大阪桐蔭が夏はレベルアップしていて、全然通用しなかったと思います」と話した。5回6安打8失点だった。

プロも注目をしていたが、進路は大学進学に絞っている。的場投手は「大学で150キロを出したい」と話した。かなりの高素材で、大学でも近い内に注目される事になりそうだ。4年後まで期待をもって見守りたい。

2022年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-高校生-大阪府のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・大阪大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度A
夏の高校野球大阪大会、大阪桐蔭だけでドラフト指名候補が複数人おり、上位指名の可能性のある選手も少なくない。ただし、他のチームでも今年のドラフト会議で指名されそうな選手がおり、ドラフト注目度はA。
プロ注目・大阪電通大高の148キロ右腕「大阪桐蔭には通用しなかった」次の目標は「大学で150キロ」:中日スポーツ・東京中日スポーツ
◇27日 全国高校野球選手権大阪大会準々決勝 大阪電通大0―8大阪桐蔭(7回コード、南港中央野球場) プロ注目の最速148キロ右腕、大...

進路は、大学進学に絞っており「大学で150キロを出したい」。その先のプロ入りを目指す。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント