神戸国際大付・楠本晴紀投手が11回14奪三振1失点の復活投球、進路は進学へ

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

神戸国際大付で1年時から140キロ中盤の速球を投げ、投手陣の中心として投げていた楠本晴紀投手がこの日、この夏の初登板を果たした。

スポンサーリンク

大会直前に疲労骨折

楠本晴紀投手は187cmの長身左腕投手で、高校1年時に144キロの速球を投げて甲子園でも好投し、2年時も春・夏の甲子園で登板して夏の甲子園でベスト8進出に貢献するなど、今年のドラフトで注目される投手の一人だった。

しかし、その後はフォームを崩し、昨秋は兵庫大会8強で敗退すると、今年春は地区大会で敗退した。もともと強いプロ志望を抱いていたが、楠本投手は「フォームを意識しすぎて気持ちが不安定になった」と話すと、アオキ監督も「各球団が見に来てくださったが、投げ方を見失っていた」話す。そして5月、青木監督は進路相談で「お前には無理。そんなに甘くない」と進学を勧めた。

今大会は奮起を持って臨みたかったが、大会前に左足首の疲労骨折と診断され、登板はこの日の準決勝までなかった。しかしこの日、背番号10をつけて先発のマウンドに立った楠本投手は、加古川西との接戦で延長11回131球を一人で投げ、14個の三振を奪った。チームも2−1で勝利し、「マウンドに立ったら自分がエース」と昨年の躍動感を見せた。

楠本投手も進路を大学進学にしぼり、「4年後はドラフト1位になりたい」とふっきれて話す。その前にやることとして、「甲子園に連れて行って、先生を男にしたい」と青木監督を甲子園につれていくことを約束した。

2022年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-高校生-兵庫県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・兵庫大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度B
夏の高校野球兵庫大会は、昨年の武庫荘総合の斉藤汰直投手や神戸国際大付の阪上翔也選手などがいたのと同じくらい注目選手が多く、ドラフト注目度はB。
プロ注目左腕の復肩で決勝進出 神戸国際大付・楠本 今夏初登板で11回1失点14K/デイリースポーツ online
 「高校野球兵庫大会・準決勝、神戸国際大付2-1加古川西」(27日、ほっともっとフィールド神戸) 兵庫大会は準決勝が行われ、昨年の覇者、神戸国際大付が、快進撃を続けてきた公立校の加古川西を延長十二回の熱戦で下して、3大会連続の決勝に進出した。背番号10の左腕、楠本晴紀投手(3年)が今大会初先発し、11回を6安打、14奪...

「フォームを意識しすぎて気持ちが不安定になった」と言う楠本に、青木尚龍監督(57)はあえて厳しく接した。5月、高卒でのプロ入りを希望する楠本に「お前には無理。そんなに甘くない」と進学を促した。「各球団が見に来てくださったが、投げ方を見失っていた」と同監督。約1カ月ぶりの登板となったこの日も「このままやったらアカンやろ」とハッパをかけた。

【兵庫】神戸国際大付・楠本晴紀 病気療養中の親友の目前で14奪三振「あいつの分まで」
 ドラフト候補に挙がっていた左腕が帰ってきた。今大会初登板先発の神戸国際大付・楠本晴紀(3年)が、延長11回を6安打1失点14奪三振に抑え、131球で2年連続の決勝に導いた。「みんなに連れてきてもらっ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント