市船橋・片野優羽捕手と森本哲星投手がプロ志望

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース プロ志望

甲子園でもプレーした市船橋の片野優羽捕手と森本哲星投手が、ともにプロ志望届を記入したことがわかった。

スポンサーリンク

「次の目標、プロへ挑みます」

市船橋の片野優羽捕手選手は、183cm95kgの大型捕手で、遠投110mの強肩と高校通算31本塁打の長打力が注目されている。甲子園でも初戦の興南戦で試合の流れを変えるソロホームランを放ったが、きれいなスイングで放つ長打力が魅力。

プロも注目していたが、片野選手は「プロ入りを目標に掲げ、市船橋に入学して練習を重ねてきました。甲子園1勝も果たし、次の目標、プロへ挑みます。シーズンを通して活躍できる選手になりたいです」と話し、プロ志望を表明した。

また、その甲子園で2試合にリリーフ登板し、143キロのストレートと鋭いスライダーを投げ、U18代表メンバーにも選出された左腕の森本哲星投手も「プロは小さいころから目標でした。」と話しプロ志望を明らかにするとともに、「U18にも選ばれ、アピールする場所が増えたので、結果をしっかり出したいと思います」と話した。

2人は既にプロ志望届は記入済みで、海上監督が来週にも提出をする予定。甲子園で敗れた後も翌々日から練習を開始し、プロ野球でプレーするためのトレーニングを続けている。

片野選手は強打の捕手として、ドラフト下位または育成での指名がありそうだ。森本投手はこれまでスカウトなどの評価は聞かれていないが、夏の甲子園の好投はインプットされており、U18代表として大学代表やW杯の投球次第で、候補に入ってくる可能性がある。

2022年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-高校生捕手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-高校生-千葉県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
市船橋エース森本哲星、片野優羽がプロ志望届提出へ「小さいころから目標」ともに夏甲子園で活躍 - 高校野球 : 日刊スポーツ
今夏、千葉県代表として甲子園出場の市船橋のエース左腕・森本哲星投手(3年)と片野優羽捕手(3年)が26日、そろってプロ志望届を提出することを明かした。すでに記… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

片野は高校通算31本塁打、遠投110メートルで183センチ、95キロの強肩強打の大型捕手。甲子園、初戦の興南戦では3-5から流れを変えるソロ本塁打を放ち、守備でも盗塁を刺しピンチを救い攻守に活躍。勝利に貢献した。片野は「プロ入りを目標に掲げ、市船橋に入学して練習を重ねてきました。甲子園1勝も果たし、次の目標、プロへ挑みます。シーズンを通して活躍できる選手になりたいです」と話した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント