苫小牧中央の151キロ右腕・斉藤優汰投手がプロ志望届提出、地元の北海道日本ハムに興味

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース プロ志望

プロがドラフト上位候補に挙げる苫小牧中央の151キロ右腕・斉藤優汰投手が、8月26日にプロ志望届を提出した。

スポンサーリンク

根本投手と同じ大安吉日に

斉藤優汰投手が8月26日にプロ志望届を提出した。苫小牧中央では2年前に根本悠楓投手が北海道日本ハムにドラフト5位で指名されているが、根本選手も大安吉日にプロ志望届を提出しておりそれに習った。「より一層、プロへの意識が強くなった。活躍できるように頑張りたい」と話す。

少年野球時代は目立った実績もなく、入学時は180cm70kgで、「がりがりでした」と話す。1年秋に140キロ前後の球を投げたものの、「実力が足りていない。自分なんかがプロになれるわけない。想像もしていなかった」と話していたが、からだも189cm90kgと大きく成長し、球速も3年春に151キロを記録、プロ球団がドラフト上位候補として注目する投手になった。

好きな球団は地元の北海道日本ハムで、来春開業の新球場について「気になるし、そこでやってみたい」と話す。「もしプロに入ることが決まっても、しっかり練習して結果を出せるようにしていきたい」と決意を語った。

ドラフト会議では2位以内で指名されると予想する。プロ入りし「スピードだけで言えば、できるだけ早くに155キロは出したい」と話すように球速も更に伸びるのではないかと思う。将来が楽しみだ。

2022年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-高校生-北海道のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
進路を表明した高校生選手一覧(2022)
最後の夏戦いを終えた高校生で、進路を表明した選手です。
苫中央高・斉藤 F根本先輩に続く! 151キロ右腕がプロ志望届提出
 この夏、北海道の高校球界を沸かせたプロ注目3投手の1人、最速151キロ右腕の苫中央エース・斉藤優汰投手(3年)が26日、プロ志望届を提出した。この夏は南北海道大会準決勝で札大谷に敗れ、初の甲子...

好きな球団は地元の日本ハム。来春開業の新球場は「気になるし、そこでやってみたい」と興味津々。「もしプロに入ることが決まっても、しっかり練習して結果を出せるようにしていきたい」。恵まれた肉体はまだまだ成長途上。本格派右腕が先輩の背中を追いかける。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント