U18壮行試合、山田陽翔投手が1回3奪三振投球にヤクルト・DeNA・楽天が評価

高校野球ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 東北楽天ドラフトニュース 侍ジャパン 横浜DeNAドラフトニュース

侍ジャパンU18代表の壮行試合として、大学日本代表との対戦が行われた。近江の山田陽翔投手は9回に登板し、1回3奪三振無失点の力投を見せ、複数球団から高く評価された。

スポンサーリンク

大魔神

1−4の9回に1イニング限定で登板した山田陽翔は、いきなりドラフト候補のスラッガー・中央大の森下翔太投手と対戦すると、145キロのストレートで追い込み、得意のスライダーで空振り三振を奪った。

続く進藤勇也選手には四球を与えたものの148キロを記録すると、辻本倫太郎選手からは外角のスライダーで見逃し三振、そして春の東京六大学首位打者の宗山塁選手も142キロのストレートで空振り三振を奪った。1回ノーヒット3奪三振1四球で無失点と、クローザーとしての力を見せた。

「四球がもったいなかった。そういうところをなくしていけるように」と話し、「野球人生の中でクローザーを経験したことはなかった」と話す山田投手だが、捕手の松尾汐恩選手や渡部海選手が「いつ入るかなど声をかけてくれたり、ドリンクを持ってきてくれた。支えてくれたおかげでスムーズにゲームに入れました」と話した。

この試合には複数球団の関係者が訪れ、首脳クラスも視察した。

東京ヤクルト・小川GM:「ツーシーム、スライダーといい球を見させてもらった。三振が取れるボールがあり、気持ちの強さで、米国でも力を発揮するのではないか」

東北楽天・後関スカウト部長:「国際大会は接戦になるので、山田君が抑えになったんだと思う。短いイニングなら連投が可能なタイプ」

横浜DeNA・河原ディレクター:「甲子園の疲れは取れていたと思う。ツーシーム、スライダーの切れはいいし、気持ちの強い投手。抑えで力を出すでしょう」

即戦力に近いと評価される山田投手、まずは大学生を相手にその可能性を見せた。まずはU18代表でリリーフとしての活躍が期待される。

侍ジャパンU18日本代表メンバー(2022)
2022年9月9日にアメリカで開催が予定されるU18ワールドカップの、侍ジャパンU18代表が発表されました。選手の特徴などを紹介します。(8月22日更新)
2022年・侍ジャパン大学代表候補選手一覧
2021年12月の代表候補合宿、2022年6月の代表選考合宿を経て、侍ジャパン大学代表が決定しました。(2022年6月20日) 12月のメンバー、6月のメンバーの表も下に掲載しています。
高校日本代表、山田陽翔魔神が圧巻1回3K 侍ジャパンU18壮行試合で大学強打者も斬り斬り舞い!
18歳以下による野球のU18ワールドカップ(9月9日開幕、米フロリダ州)に出場する高校日本代表が、大学日本代表と壮行試合を行い、1-4で惜敗した。今夏の甲子園大…

ヤクルト・小川GM 「ツーシーム、スライダーといい球を見させてもらった。三振が取れるボールがあり、気持ちの強さで、米国でも力を発揮するのではないか」

楽天・後関スカウト部長 「国際大会は接戦になるので、山田君が抑えになったんだと思う。短いイニングなら、連投が可能なタイプ」

◆DeNA・河原ディレクター 「甲子園の疲れは取れていたと思う。ツーシーム、スライダーの切れはいいし、気持ちの強い投手。抑えで力を出すでしょう」

近江・山田陽翔が大学日本代表から1回3奪三振「必ず世界一を」高らかに宣言/侍U18壮行試合 - 高校野球 : 日刊スポーツ
日本の守護神が上々のスタートを切った。ドラフト候補の高校日本代表主将の近江・山田陽翔投手(3年)が8回、4番手として登板。大学日本代表を相手に1回を無安打3奪… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
近江・山田は1回3奪三振 侍U18主将として「必ず世界一を取って日本に」と宣言 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 高校日本代表の山田陽翔(3年)は8回から登板。1イニングを無安打無失点、大学生から3三振を奪った。
【高校日本代表】近江・山田陽翔、まさに魔神 U18W杯へ守護神適性示す 大学生相手に1回3K無失点
 第30回U18W杯(現地時間9~18日・米フロリダ)で初優勝を目指す高校日本代表の主将・山田陽翔(はると)投手(近江3年)が、大学日本代表を相手に奪三振ショーを繰り広げた。8回から4番手で登板。四球
近江・山田3Kデビュー 大学代表を斬り斬り舞い 初の守護神も「スムーズに入れた」/デイリースポーツ online
 「侍ジャパン壮行試合、大学日本代表4-1高校日本代表」(31日、ZOZOマリンスタジアム) 18歳以下による野球のU18杯(米国時間9日開幕・米フロリダ州)に出場する高校日本代表が31日、千葉市のZOZOマリンスタジアムで大学日本代表と壮行試合を行い、1-4で敗れた。それでも八回に登板した主将・山田陽翔投手(3年・近...
近江・山田が1回3奪三振 自己最速に迫る148キロ記録【U18W杯壮行試合】:中日スポーツ・東京中日スポーツ
◇31日 野球U18W杯壮行試合 高校日本代表1-4大学日本代表(ZOZOマリン) 甲子園に続く圧巻の奪三振ショーだった。高校日本代表...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント