U18代表4番の内海優太選手が、大学速球王からホームラン

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 侍ジャパン

侍ジャパンU18代表の壮行試合で、U18代表の4番を打った内海優太選手が、大学代表の155キロ右腕・篠木健太郎投手からホームランを放った。

スポンサーリンク

146キロ直球を

1点を追う4回1アウトで、内海優太選手が打席に入ると、マウンドには155キロ右腕の法政大・篠木健太郎投手が立っていた。それでも内海選手は、110キロ台の変化球の次の146キロの低めのストレートを軽く捉えると、打球はセンター後方にぐんぐん伸びバックスクリーン右に飛び込む推定120mのホームランとなった。

内海選手は今年春のセンバツに出場すると、敦賀気比戦で痛烈な打球で4打数3安打2打点を記録し注目された。今夏は広島大会3回戦で敗退し、「甲子園はテレビで見た。悔しい思いで練習をしたので、それが結果につながったと思います」と、この試合に向けて練習をしていたと話した。

視察した侍ジャパントップチームの栗山監督も「すごいよね、参りましたという感じ。ああいうスイングを見ていると楽しみだなと。持っているものの大きさというのを証明したと思う。楽しみだね。俺も一生忘れない」と話し、印象づけた。

高校通算33本塁打、大学に進学する予定だが、まずは大学生にその力を見せた。U18W杯でも4番としてこの日のような当たりを見せてチームを引っ張りたい。

侍ジャパンU18日本代表メンバー(2022)
2022年9月9日にアメリカで開催が予定されるU18ワールドカップの、侍ジャパンU18代表が発表されました。選手の特徴などを紹介します。(8月22日更新)
2022年・侍ジャパン大学代表候補選手一覧
2021年12月の代表候補合宿、2022年6月の代表選考合宿を経て、侍ジャパン大学代表が決定しました。(2022年6月20日) 12月のメンバー、6月のメンバーの表も下に掲載しています。
高校4番内海優太が木製バットで衝撃の本塁打「絞り球決めてやりました」/侍U18壮行試合 - 高校野球 : 日刊スポーツ
高校日本代表の4番に座った内海が、木製バットで衝撃の推定約120メートル本塁打を放った。1点を追う4回1死、大学日本代表の2番手、法大・篠木の2球目の146キ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
【高校日本代表】広陵・内海優太、U18侍1号!「参りました」侍ジャパン・栗山英樹監督も驚きの一撃
 高校日本代表・内海のアーチにZOZOマリンが騒然とした。1点を追う4回1死。「絞り球を決めて」と篠木の146キロ直球を、こん身のフルスイングで捉えると、打球は幕張の夜空に舞い上がって右中間席に着弾し
広陵・内海が木製バットで驚がく一発 侍・栗山監督絶賛「参りました」/デイリースポーツ online
 「侍ジャパン壮行試合、大学日本代表4-1高校日本代表」(31日、ZOZOマリンスタジアム) U18W杯(米国時間9日開幕・米フロリダ州)に出場する高校日本代表が31日、千葉市のZOZOマリンスタジアムで大学日本代表と壮行試合を行った。4番の内海優太内野手(3年・広陵)が同点ソロを放つなど存在感を示し、視察した侍ジャパ...
特大ソロの内海優太「甲子園見て悔しい思いで練習してきた」広島大会は3回戦敗退【U18W杯壮行試合】:中日スポーツ・東京中日スポーツ
◇31日 野球U18W杯壮行試合 高校日本代表1-4大学日本代表(ZOZOマリン) 高校日本代表は内海優太内野手(広陵)が4回1死で右...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント