今日、壮行試合で侍ジャパンU18代表と大学日本代表が対戦

高校野球ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 侍ジャパン

今日、ZOZOマリンで侍ジャパン壮行試合が行われ、U18代表と大学代表が対戦する。

スポンサーリンク

予告先発

昨日の立教大との練習試合で馬渕監督は、「きょう投げなかった4人、香西、宮原、森本、山田が投げる。」と話し、九州国際大付の技巧派左腕で、夏の甲子園で馬渕監督の明徳義塾から1失点完投勝利をしている香西一希投手を先発させる。

その後は海星の宮原明弥投手、市船橋の森本哲星投手が登板し、リリーフの1イニングに山田陽翔投手が登板する。馬渕監督は「山田は肘の張りが取れないが、今までも投げながら調整していたというので1イニング限定」と話した。

一方、大学代表は、昨日の練習試合で登板しなかった荘司康誠投手が先発する。大学代表では今週末からリーグ戦が開幕するところも多く、特に東都リーグ1部の亜細亜大・青山美夏人投手や白鴎大の曽谷龍平投手、日体大の矢澤宏太投手などは登板しないか、投げても非常に短いイニングとなる可能性が高い。

土曜日にオールスター戦を戦っており、リーグ戦開幕が翌週の東京六大学勢が中心となりそうで、莊司投手や法政大の篠木健太郎投手、慶応大の橋本達弥投手などが長いイニングを投げることになりそうだ。

また大学代表の蛭間拓哉選手は、浦和学院3年時にU18代表として大学代表と対戦しているが、「あの時は大学生のレベルの高さにすごいなと感じた。今度は逆に、すごさを見せることができれば」と話した。

侍ジャパンU18日本代表メンバー(2022)
2022年9月9日にアメリカで開催が予定されるU18ワールドカップの、侍ジャパンU18代表が発表されました。選手の特徴などを紹介します。(8月22日更新)
2022年・侍ジャパン大学代表候補選手一覧
2021年12月の代表候補合宿、2022年6月の代表選考合宿を経て、侍ジャパン大学代表が決定しました。(2022年6月20日) 12月のメンバー、6月のメンバーの表も下に掲載しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント