U18代表・浅野翔吾選手は走塁でもアピールし巨人スカウト評価、松尾汐恩選手は4試合で打率5割

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 侍ジャパン 巨人ドラフトニュース

侍ジャパンU18代表はこの日、香港と対戦し、浅野翔吾選手が走塁で、松尾汐恩選手がバットで見せた。

スポンサーリンク

野性的な走塁

浅野翔吾選手はこの日、初回の先頭打者でヒットで出塁すると、黒田義信選手の犠打で2塁に進んだが、一塁手のプレーが遅いと見て三塁に進み、悪送球を呼び込んでホームへと還った。「三塁ベースがガラ空きだったので、躊躇なくいきました」と話した。

前日にパナマ戦では4回にヒットを打ったあと2塁を狙ったがアウトとなり、結果的に暴走となった。馬淵監督からも「あれで流れが変わった」と叱責を受けており、この日の走塁では「昨日、雑な走塁をしてしまったので、切り替えてできました」と話した。

この日は続く打席でもヒットを打って2安打、1次ラウンドの4戦目までで12打数7安打4打点の活躍を見せている。視察しをしている巨人の岸スカウトも「隙を狙う走塁は素晴らしい。野性的な勘も持っている」とこの日の走塁を評価した。

また、代表の3番を打つ松尾汐恩選手は、初回にライト前ヒット、2回にはノーアウト2,3塁のチャンスにセンター左へのタイムリーヒットを記録した。ここまで4試合で12打数6安打4打点、木製バットに「逆方向に打つのがより大切になってくるかなというのは、ボールの見え方にも感じます」と、3本は逆方向へのヒットで結果をのこしている。

今年の高校生野手でトップクラスと評価される二人が、ともに木製バットで結果をのこしており、その能力の高さを改めて証明している。ただし、これからのスーパーリーグなどで戦う相手は150キロ級の球を投げてくる投手が出てくるはずで、そこでどのような打撃をするのか注目したい。

侍ジャパンU18日本代表メンバー(2022)
2022年9月9日にアメリカで開催が予定されるU18ワールドカップの、侍ジャパンU18代表が発表されました。選手の特徴などを紹介します。(8月22日更新)
U18侍・浅野 2打数2安打&好走塁で勝利に貢献!開幕4連勝でスーパーR進出決定 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 高校日本代表は12日(日本時間13日)、オーストラリアに10―0で5回コールド勝ち。1次ラウンド開幕4連勝でスーパーラウンド進出を決めた。今秋ドラフト上位候補の浅野翔吾外野手(3年=高松商)が、2打数2安打でチームトップの打率・583をマークし、好走塁で大勝に貢献した。13日(同14日)はB組1位突破を懸けて台湾と対...

4試合全てで安打を放つなど12打数7安打4打点で打率はチームトップの・583、6得点と7安打は大会トップタイと快進撃をけん引する。視察した巨人・岸敬祐スカウトも「隙を狙う走塁は素晴らしい。野性的な勘も持っている」と称えた。

【高校日本代表】大阪桐蔭・松尾汐恩、世界の舞台で「あいさつの大切さ伝えていけたら」1次L打率5割
 【ブラデントン(米フロリダ州)12日(日本時間13日)=中野雄太】第30回U18W杯で初優勝を目指す日本がオーストラリアを5回コールドで破り、開幕4連勝でスーパーラウンド(SR)進出を決めた。今秋ド
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント