西濃運輸・林優樹投手に7球団スカウト視察、中日・巨人が評価

中日ドラフトニュース 社会人野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

西濃運輸の林優樹投手がこの日、日本選手権東海地区予選の日本製鉄東海REX戦に先発し、6回7安打1失点の好投を見せた。

スポンサーリンク

「今日は自分の人生が変わる試合」

この日の先発に、近江高校時代から注目され、今年ドラフト指名解禁となる林優樹投手は、「きょうは自分の人生が変わる試合。甲子園の時よりも緊張していた」と話す。3年前にプロ志望届を提出したものの指名漏れとなり、今年のプロ入りを目指している。

この日は2点の援護をもらった2回、4連打を浴びて1失点をしてしまう。しkし、なおも1アウト満塁のピンチで後続を打ち取り、追加点は与えなかった。その後はランナーを背負う投球となったが、要所を締めて無失点に抑えた。

視察した7球団のスカウトのうち、

中日・清水スカウト:「まだばらつきはあるが、春先に比べて良くなった。若いですし、伸びしろにも期待している」

巨人・木佐貫スカウト;「力感なく投げられていたのが良かった」

と話す。この日の投球を見ても、今年の投球を見ても、球団側はまだ必ず指名したい選手という状況にはなっていないように思う。ただし、高校時代から注目されていることもあり知名度も高く、まだ高校卒3年目と若く将来性という点も踏まえて総合的に評価をする球団はありそうだ。

16日からは4連戦がまっており、林投手は「チームに恩返しがしたい。この大会に自分のすべてを懸けたい」と話し、自分の人生のためと、チームへの恩返しを誓った。

2022年度-社会人投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
7球団スカウトの前で好投 プロ注目左腕・西濃運輸の林優樹「甲子園よりも緊張」【社会人野球】:中日スポーツ・東京中日スポーツ
社会人野球の日本選手権東海地区予選第5日は14日、愛知・岡崎レッドダイヤモンドスタジアムで第3代表決定トーナメントの1回戦3試合を行い...

この日は観客席にNPB7球団のスカウトが集まった。中日の清水スカウトは「まだばらつきはあるが、春先に比べて良くなった。若いですし、伸びしろにも期待している」と評価。巨人の木佐貫スカウトも「力感なく投げられていたのが良かった」とうなずいた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント