明日センバツ出場校発表、151キロ右腕・専大松戸の平野大地投手「センバツで判断したい」

高校野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

3月18日に開幕するセンバツ高校野球大会の出場校が明日発表される。出場が有力の専大松戸、151キロ右腕・平野大地投手も吉報を待つ。

スポンサーリンク

昨秋関東大会ベスト4

平野大地投手は昨年夏の千葉大会4回戦・千葉英和戦で150キロを記録、中学校までは捕手をしており、投手転向から1年4ヶ月で大台を突破した。持丸監督も「俺もこんなことになるとは思っていなかった。パワーは一番。本物になれるかもしれない」と話し、視察をしていた横浜DeNAの吉見スカウトは「今年でもドラフト1位クラス。素材はピカイチで、めちゃくちゃ楽しみ」と評価をしていた。

その後最速を151キロに更新すると、秋はエースとして関東大会準優勝にチームを導き、センバツ出場の当確ランプが灯った。少し球速を抑えても140キロ中盤を記録し、カーブ、スライダーとのコンビネーションで「投球の幅が広がった」という投球を見せていた。

そして平野投手自信、センバツ出場を待ち望む。「プロに行きたい気持ちはある。センバツを戦って判断したい」と話し、プロ志望の思いがあるものの、甲子園でどのくらいの投球ができるかを、進路の判断の材料にする考えだ。目標の投手に東京ヤクルトの奥川恭伸投手を挙げており、奥川投手が3年時にセンバツで制球力を生かした投球を見せたように、平野投手もセンバツで躍動をする。

もう一つ、目標がある。「関東大会決勝で負けてしまい、優勝できなかった。勝って明治神宮大会で大阪桐蔭とやりたかった。センバツに出られたらもちろん、大阪桐蔭とやりたい」と話し、同じくプロ注目の前田悠伍投手との対戦を望む。

明日、まずはセンバツ出場が決定し、そして甲子園で151キロがうなりを挙げれば、本人のプロ入りへの決断はもちろん、スカウト陣にとってもドラフト上位指名、1位指名という判断に動いていく可能性もある。大会で大注目の投手になることは間違いない。

2023年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
プロ注目専大松戸の151キロ右腕・平野大地は聖地躍動からドラ1浮上へ「155キロ出したい」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 第95回選抜高校野球大会(3月18日から14日間、甲子園)の出場校を決める選考委員会が、27日に行われる。記念大会で明治神宮大会枠と一般選考で33校、21世紀枠3校の計36校が出場。ドラフト候補も、吉報を心待ちにする。出場を当確としている専大松戸(千葉)の最速151キロ右腕・平野大地投手(2年)も、その一人。初めての...

腕ぶす平野「大阪桐蔭とやりたい」ー サンケイスポーツ紙面

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント