夏の高校野球・西東京大会(2024)の注目選手、ドラフト注目度B

2024年ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース

夏の高校野球西東京大会の注目選手です。ドラフト注目度B。

スポンサーリンク

注目選手

桐朋高の森井翔太郎投手が183cm86kgからストレートは152キロを記録し、打っても高校通算39本塁打。大型ショートとして12球団のスカウトが視察をしている。投打にこの夏の勝ち上がりが注目されるほか、その後の進路も注目される。

早稲田実の宇野真仁朗選手は打つ事に関しては全国でも屈指、高校通算60本塁打を放っている。ライナーでぐんぐん伸びていく打球は圧巻。高校卒プロ入りの可能性も示唆しており、この夏のプレーに期待したい。

国学院久我山の矢野丈太郎選手は182cm85kgの外野手、通算15本塁打を放っている。父も身体能力の高かった巨人の矢野謙次氏で父よりもパワーが勝っている。

その他の選手

東海大菅生の宮本恭佑選手は185cm82kgの右腕投手で、140キロを超す球を投げるポテンシャルがあり開花して欲しい。183cmから角度のある低めの球を打たせて取る小島葵投手の他に、中学時から注目された2年の上原慎之輔投手が141キロ左腕ですでにプロが注目している。同じ2年の川崎稜太投手も145キロを記録する。

日大鶴が丘は小原惇矢捕手が180cmの体格があり4番打者として春もホームランを放った。小針大輝選手は191cm92kgの左打者でこのサイズで足があり選球眼良く四球を選んで出塁する。2年生投手が充実しており、小林駿斗投手は176cmの右腕で安定し、住日翔夢投手は179cm左腕で130キロ後半を記録する。187cmの外野手・加瀬拓海選手も投手として投げる。

早稲田実は、石原優成選手は183cm85kgの体があるスラッガーで4番を打つ。荒川稟治郎選手は190cmの投手で高校2年で140キロを記録するポテンシャルがある。高崎亘弘選手も185cmの遊撃手でフットワークなど評価高い。

創価高は180cm右腕の土居賢太郎投手が30キロ中盤の速球を投げる。森山秀敏投手も180cm80kgの左腕で130キロ中盤を記録、長谷川輝投手も130キロ後半を記録する左腕投手。これらの投手をリードする井路端広明選手は柔軟性の高い捕手で肩も強い。

早大学院の野田俊輔選手は50m5.9秒も俊足が光る。平井大翔投手も139キロを記録し内野手としてもプレーする。

日大三は岡本弦士選手が183cm93kgの右のスラッガーで、4番でホームランを放つ。土井貴仙選手も1番センターで肩の強さを見せた。2年の近藤優樹投手など投手陣の台頭に期待。

国学院久我山は原隆太朗捕手に安定感があり、打撃も強くて主軸を打つ。国士舘の小椋旭人選手は中学時代から注目され1番をうちながら長打力がある。

府中工科の石田結斗選手は184cm93kgの右の強打者で3番捕手、主将としてチームを引っ張る。高いポテンシャルがありそう。

日本学園の古川遼投手は190cmの右腕投手で144キロの速球に多彩な変化球を投げる。ポテンシャルも高く、プロのスカウトも注目する。羽村高の根岸正裕投手は小柄ながら130キロ後半の速球を投げ、内野手としてもプレーする。

2年生では佼成学園の熊谷憲祐投手が173cmの左腕から130キロ後半の速球とフォークボールを投げる。桜美林の沼田優杜投手も130キロ中盤の速球が魅力。

2024年度以降-高校生-東京都のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント